2015年05月29日

2015年5月末の日本株式ポートフォリオ

日本ハウスは4月まで東日本ハウスだった。
という事でも解るが、成長意欲ありそうな銘柄。
リベを売ったので不動産銘柄を補強した。
以前、サンヨーハウジング名古屋やフジ住宅の記事に書いたとおり、
不動産分譲のなかでは戸建て注文住宅が最も低リスクだと思ってる。
ホテル事業は小規模だが、多少はインバウンド需要に絡めるかも。

システナは以前システムプロという名前の時に保有してた。
当時はカテナ合併後が不透明だったので手放したような気がする。
が、順調にカテナの負債を返済しており、
相変わらずのキャッシュ創出企業。
これなら中期経営計画の4年後52円配当は実行できるかと。
売上げや利益やROEの目標はともかく、
配当性向は匙加減でどうにでもなるので。

テクノスは噴いて、売り基準に達したので。
西菱電はこの還元重視の御時勢に減配とは信じがたいので。
リベはマンデベの中では出色の好財務ではあるが、
それでも40円配当を恒常的に続けられるとは思えないので。

1873日本ハウスHDを新規買い。
2317システナを新規買い。
優待株を1銘柄新規買い。

2763エフティコミュニケーションズを買い増し。
4709インフォメーション・ディベロプメントを買い増し。
9422コネクシオを買い増し。

3666テクノスジャパンを売却。
4341西菱電機を売却。
8887リベレステを売却。
優待株を2銘柄売却。

という訳で、3増5減の合計66銘柄。

配当株が以下の40銘柄
1873日本ハウスHD
1916日成ビルド工業
1935TTK
2311エプコ
2317システナ
2325日本上下水道設計
2362夢真HD
2391プラネット
25935伊藤園第1種優先株式
2763エフティコミュニケーションズ
3172ティーライフ
3661エムアップ
3763プロシップ
3800ビーエスピー
3834朝日ネット
4245ダイキアクシス
4327日本エス・エイチ・エル
4658日本空調サービス
4669ニッパンレンタル
4709インフォメーション・ディベロプメント
4725CACHD
4743アイティフォー
4750ダイサン
5187クリエートメディック
5903SHINPO
6076アメイズ
7417南陽
7466SPK
7533グリーンクロス
7539アイナボHD
7551ウェッズ
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
8860フジ住宅
9381エーアイテイー
9422コネクシオ
9436沖縄セルラー電話
9639三協フロンテア
9761東海リース
9928ミロク情報サービス

J-REITが以下の8銘柄
3227MIDリート投資法人
3269アドバンス・レジデンス投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル投資法人
3281GLP投資法人
8966平和不動産リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急リート投資法人
8979スターツプロシード投資法人

この他に優待株が18銘柄。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.