2015年04月01日

2015年3月末の資産状況

日本株式(+円) 元本3824万0071円、時価6899万8877円。年間予想配当金204万0874円。
米国株(+米ドル) 元本1729万6879円、時価2144万5979円。年間予想配当金96万1872円。
中国株(+香港ドル)元本234万8291円、時価334万7709円。年間予想配当金19万3033円。
アセアン株     元本234万0842円、時価235万0632円。年間予想配当金9万4365円。
外貨建てファンド 元本508万2640円、時価548万1400円。年間予想分配金83万1600円。
FX           元本610万5305円、時価711万4535円。年間予想スワップ115万9240円。
貴金属       元本179万9449円、時価315万4111円。年間予想配当金0円。

合計        元本7321万3477円、時価1億1189万3243円。年間予想収入528万0984円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REITも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
中国株とは現状では香港株であるが、本土株を加える可能性もある。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

ジャスダック指数が+2.57%、東証REIT指数が-2.15%。

REITの下げっぷりを考えると日本株は健闘した。
夢真、ダイサン、グリーンクロス、リベレステといった
3月以外の決算月銘柄が強かったのは解るが、
FTコミュの強さはどうしたものか?
権利日過ぎても止まらないんだけど・・・・・?

米株は全く売買しなかった。
利上げが近いという事で当然優良株は売られる。
下旬になってクラフトフーズに合併と特別配当という
材料が出て急騰したが、焼け石に水。

中国株は白花油が5株につき1株の
ライツオファー(割り当て増資?)を発表して急騰。
大勢に影響は無いが。
(尚、これは集計には加えてない)

ファンドは世界インフラ関連好配当株式(レアル)の
下げっぷり酷く、少し買い増し。
なので分配金が増えた。
灰汁抜きとして、ペトロブラス破綻してくれないかな(笑)

FXも米ドル以外の売られっぷりが酷いので少しポジ増加。
なのでスワップが増えた。

貴金属も純銀ETFを買い増し。
6000円以下は安心して買って良い様な気がしてる。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:38 | Comment(6) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見しております。
好景気は長続きしそうだという印象を受けました。
景気良好が続いている間に枝を増やして幹を太くしておいて
視界不良に臨んでも耐えられる状態にしておく、そんな感じなのでしょうか。
とても参考になります。
Posted by たけ at 2015年04月02日 22:58
たけさん、こんにちは。
そうですね。
ひょっとしたら失われた20年を取り戻せるかも・・・と思ってます。

特に景気後退に備えた戦略を取ってるつもりはありません。
いつもの両睨みで。
視界明瞭な相場など、私は一瞬も経験した事がないです。
Posted by 管理人 at 2015年04月02日 23:46
いつも拝見してます。
株はよくわからないまま2013年12月からはじめました。
はじめは、日本株(優待)とJ-RETでしたが
フィーリングで2014年12月にJ-RETを全部売却し
(なんか値上がりしたから
よくわかんないけど配当金が悪いので売りました。)
日本株250万と米国株1850万に高配当につられ、乗り換えました。。。

現在下の銘柄の米国株を持っています。
IXP 80 ARCC 900 PFF 900 TAL 220 BP 165 GSK 180 PDLI 1740 T 450
HYG 100 VOD 190 PM 100 CTL 230 MAT 300 SO 80 HSBC 190

追加を考えているのが下の銘柄です。
RIO NGG FTR GULF VALE PAAS

今年度150万くらい追加予定です。(給与から月15万と予定配当より)

もしよろしければ、現在自分の持っている米国株の悪いやつと
追加を考えてる銘柄等でなにかアドバイスをいただきたいです。

よろしくお願いします。



Posted by きる at 2015年04月24日 01:37
きるさん、こんにちは。

IXPって通信株ETFですよね。
組み入れ2位がTで13.64%、3位がVODで7.26%。
個別と被ってますが、何か理由があるんでしょうか?
そこに更にFTRを追加する?

全般的に通信系と金融系に片寄ってるように感じます。
そこへRIOとVALEとPAASとGULFを入れると
資源系も加わって三極に片寄る。

地域分散も足りないような気がします。
アジアが薄くて、米英に片寄ってる。

もしこれが意図的に片寄らせてるのなら良いのですが、
正直に言うと、単にスクリ−ニングして
現状で高配当なのを選んだだけに見えます。
(配分次第ではありますが、ARCCとPDLIと上記の資源系という
危なっかしい雰囲気の銘柄が目立つので、そう感じる)

まぁ、PFのバランスは私も悩みが尽きませんが・・・・・・

Posted by 管理人 at 2015年04月24日 08:37
管理人様 回答ありがとうございます。
PDLIは株価がさがり怖いです。危なっかしいと言われ参考になります。
PFは、株は詳しくないので、高配当でも分散しておけば良いと
系列まで考えてませんでした。
アジア株はさっぱりわかりません。
管理人様の真似で中国株を楽天証券で買おうと検索しても
同じ銘柄が取扱できないようで・・・・。
系列も大事と勉強になりました。わかっていませんでした。



Posted by きる at 2015年05月15日 10:28
分散投資とは、単に銘柄をたくさん持つ事ではないです。
例えばPDLIが下げて怖いのなら、PDLIが下げる状況の時に
逆に上げる株はなにかを考えて保有して、動きを相殺する。
更に株式が下げた時に怖いなら、その時に上げる
(或いは下げを緩和できる)資産がなにかを考えて
保有する必要もあります。
これが分散投資です。

人の真似をする事は、なんの対処にもなりません。
立場も目標もリスク許容度も違うのですから。

Posted by 管理人 at 2015年05月15日 13:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.