2015年02月13日

信念

相場が急変して損したとか、全体が堅調なのに持ち株が上がらないとか、
要は自分の思い通りにいかない時などに
「自分の投資方針を守ることが大事」的な記事を良く見かける。
もう10年以上も相場に係わってきて、ネットサーフィン(死語)が大好きな
私としては、数え切れないほど見かけたタイプの主張である。

曰く、「暴落したからといって投売りしちゃ駄目だ。
ここで買ってこそ長期投資だ。
隣の芝生を羨ましがっちゃいけない。」
みたいなのは逆張りのファンダメンタル重視な人に見られるし、
またはテクニカル重視で出たサインの通りに売買しなきゃとか、
あるいは淡々とインデックスを積み立てなきゃとかの、
要するに「固い信念を持って投資方針を貫くぞ!」的な代物だ。

もちろん、他人がとやかく言う筋合いもないので、
自由に書いて良いのだけど、いつも思うんですよ。
「自分で自分に言い聞かせなきゃ居ても立っても居られないような、
その程度の柔軟な信念なら、大事にする程の価値はないんじゃないの?」
って。

ブログ記事とかツイッターとかで、読者に向けて発信してる体だが、
どう見ても自分に向けて言ってるし。
懸命に自分を応援してる姿は痛々しいし。
そして「その通りですよね・・・」みたいなコメントが付いて、
臭い芝居が大団円として完結する。
だって「その通り」だと誰かに言ってもらいたくて書いてるのだから(笑)

まぁ解らなくもないのだが、なにもこれみよがしにアピールしなくても
良いと思うのだ。
なかなかに恥ずかしいと思うのだが、当人はそう思わないのだろうか。

更に言うと、その信念(笑)が崩れそうになる理由が、
「第3四半期が前期比-10%」とかの、どうでもよいようなツマラナイ事で、
それをわざわざ大袈裟に「大変な事」に仕立て上げて、
「大変な事が起きたのだから、俺様が慌てるのは当然」みたいな名演技で。


また逆に、そうやって頑張ったのに方針が貫けなかった時は
「そうは言っても人間は弱い生き物だから・・・・」
とかが定番の言い訳だが、これを言い出すと何でもアリになってしまう。
「弱いから仕方がない」って、逃げ道として広過ぎるよね。
ジョーカーみたいなオールマイティだもの。
これも恥ずかしい。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:26 | Comment(7) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全くその通り!

インデックス教なんかにも、そういう輩が多いですね。
Posted by 通りすがり at 2015年02月13日 16:59
いつも拝見しております。
「その通り!」とコメントしたほうが良いと思ったので書きます。
「その通り!」
Posted by よしだ at 2015年02月15日 19:49
こんにちは!いつも楽しく拝見させて頂いております(^^)
ありがとうございます。
冬葉ツトムさんは特定口座は源泉徴収ありか
源泉徴収なしかどちらにされてますか?
私は自営なんですが、どちらがいいのか迷っています・・。
Posted by 内藤大 at 2015年02月16日 15:58
内藤大さん、こんにちは。
私は源泉徴収ありです。

自営というのは、自営業の本業があって株式投資が副業って事でしょうか。
であれば、どちらが良いのか私には解りません。
サラリーマンで副業投資や、専業投資であれば、
源泉徴収ありが有利だと思うのですが。

Posted by 管理人 at 2015年02月16日 19:28
「社畜」の記事の時にも思いましたが、すごい記事ですね。私も、まさにそのとおりだと思いました。あの方々は、仲良し小好しで屯ってばかり。もう、好きにすればと思っています。
Posted by 煙々 at 2015年02月17日 20:54
自分も投資ブログの時は過大に書いてしまいますね(^_^;)
ブログ書き始めた時はバリュー投資・高配当投資などと書いてましたがROE重視したり営業利益率高いもの買ったりとぶれまくりです。
ある意味柔軟になってるようななってないような。
Posted by ノリ at 2015年02月20日 00:05
ノリさん、こんにちは。
変遷というか試行錯誤というか、そういうのは私もよくあります。

信念を持つのは大事だし、自分を鼓舞しなきゃいけない時もあると思うんです。
でも、そんなのは心の中でやれば済む話で。

Posted by 管理人 at 2015年02月20日 07:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.