2015年01月30日

2015年1月末の日本株式ポートフォリオ

先月にもう日本株は新規で買わないとか書いたが、
あっさりと撤回する(笑)

高配当ではあっても"将来の楽しみ感"がない銘柄が
PF内に数銘柄あって、それらは早めに処分したい。
(それらを買った時と違って、どうしても高配当が得たければ
外国株で補完できる状況になったので)
で、そのうちの一つ、どうせ権利落ちで酷く下げるだろうと
思われたOSGコーポを売った。
もう一つ、ついでにトラストHDも売った。

FTコミュは中小企業向けにOA機器やLED照明などを
販売・施工・保守とか。
LEDや自然冷媒ガスなどの環境商材を軸に、
ストックの積み上げやプラットフォーム化など、
目指してるビジネスモデルが素晴らしい。
更に国内のM&Aや海外展開と成長も抜かりない。
なにより、癌だったハイブリッドサービスがなくなったので。

夢真は建設現場への技術者派遣の会社。
地震リスクヘッジを主目的とするが、復興や強靭化や五輪など
追い風吹きまくりなので業績の方もまぁ大丈夫だろうと。
社長のキャラが濃すぎるのが怖い様な楽しみな様な(笑)

2362夢真HDを新規買い。
2763エフティコミュニケーションズを新規買い。
優待株を1銘柄を新規買い。

3286トラストHDを売却。
6757OSGコーポレーションを売却。

という訳で、3増2減の合計67銘柄。

配当株が以下の39銘柄
1916日成ビルド工業
1935TTK
2311エプコ
2325日本上下水道設計
2362夢真HD
2391プラネット
25935伊藤園第1種優先株式
2763エフティコミュニケーションズ
3633GMOペパボ
3763プロシップ
3800ビーエスピー
3834朝日ネット
4327日本エス・エイチ・エル
4341西菱電機
4658日本空調サービス
4669ニッパンレンタル
4709インフォメーション・ディベロプメント
4725CACHD
4743アイティフォー
4750ダイサン
5187クリエートメディック
6076アメイズ
7150島根銀行
7417南陽
7466SPK
7533グリーンクロス
7539アイナボHD
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
8130サンゲツ
8798アドバンスクリエイト
8860フジ住宅
8887リベレステ
9381エーアイテイー
9422コネクシオ
9436沖縄セルラー電話
9639三協フロンテア
9761東海リース
9928ミロク情報サービス

J-REITが以下の8銘柄
3227MIDリート投資法人
3269アドバンス・レジデンス投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル投資法人
3281GLP投資法人
8966平和不動産リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急リート投資法人
8979スターツプロシード投資法人

この他に優待株が20銘柄。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見しております。
”将来の楽しみ感”、、、いい表現ですね。
長年の直感がこういう表現に滲み出てくるのでしょうか。
私は銘柄入れ替えに躊躇してしまいがちなので勉強になります
Posted by たけ at 2015年02月03日 21:23
たけさん、こんにちは。
アメリカ株を保有するようになって、
増配に意識が向いてるのかもしれません。
"将来の増配感"なのかも。
それを考えるとプラネットや朝日ネットやSHLは売りたくないし、
逆に今現在の高配当を求めるなら、
AT&Tやグラクソスミスクラインなら6%ぐらいあるし。
目的の明確じゃない銘柄は処分したいと思ってます。

Posted by 管理人 at 2015年02月03日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.