2015年01月03日

2014年12月末の中国株式ポートフォリオ

5銘柄保有で2014年をスタートしたのだが、その5銘柄の
00239 白花油(パクファーヨウ)
00550 先伝媒集団(シンデレラメディア)
00677 金源米業(ゴールデンリソーシズ)
00737 合和公路基建(ホープウェルハイウェイ)
02300 澳科(AMVIGアムビッグ)
は、ずっと持ちっ放しだった。
ただし、シンデレラメディアは株式配当の関係で株価半減したので、
年末に節税買い直しをして、その際に買い増しした。

で、新規に増えたのは2銘柄。

01127 匯星印刷(1010プリンティング)
これがシンデレラメディアの株式配当で貰った銘柄。
子会社の株を配当されるという、なかなか珍しい経験をした。
因みにマネックスでは、ちゃんと特定口座に入った。
現値の1.1HKDだとPER6.6倍で配当利回り5.5%と割安高配当な事もあり、
そのまま保有してる。
買値ゼロ円なので配当利回り無限大(笑)

03918 金界控股(ナガコープ)
カンボジアの首都プノンペンでカジノホテル「ナガワールド」を経営。
という事で、私としてはカンボジア株投資のつもりで買った。
2012年初めに2HKDぐらいだったのが2014/3に8.5HKDになって、
今は6HKDぐらい。
PER13倍の配当利回り5.3%ぐらいだが、そんな数字は無意味。
投資と書いたが、「カジノ遊び」が適切な表現か。
ロシアの極東地域で大型カジノも計画してるそうだが、
「極東ロシアはモスクワとは別の国だ」と聞いた事もある。
さらに面白くなりそう。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.