2014年11月02日

2014年10月末の資産状況

日本株式(含REIT)元本3790万8594円、時価6412万0300円。年間予想配当金214万2250円。
米国株(+米ドル) 元本1382万4978円、時価1614万9809円。年間予想配当金79万1872円。
中国株(+香港ドル)元本192万9095円、時価247万2219円。年間予想配当金14万3584円。
外貨建てファンド 元本619万9070円、時価731万0300円。年間予想分配金78万3000円。
FX           元本557万5591円、時価768万9501円。年間予想スワップ105万4120円。
金+金鉱株     元本220万9428円、時価328万2856円。年間予想配当金0円。

合計        元本6764万6756円、時価1億0102万4985円。年間予想収入491万4826円。

ジャスダック指数が-3.83%、東証REIT指数が+2.73%。

日本株は30日まで前月比マイナスだったのだが、
日銀砲1発で浮上した。なんだかなぁ・・・・・
個別では日成ビルドや伊藤忠エネクスやフジ住宅が堅調だったが、
不当に売られた分を戻してるだけなので、大した事はない。
むしろ夏頃から上げ続けてるアメイズやコネクシオやミロク情報を称えたいところ。

米国株はCTCメディアを損切りした。
節税損出しで、どっちにしろ売らなきゃいけなかったのだが、
外国人の投資制限がどれぐらいなのか解らなかったのと、
会社サイトの配当履歴ページが更新されてないのが、
ちょっと心配になって買い戻さなかった。
これとRAIレイノルズ・アメリカンを一部売った資金で、
ARCCエイリス・キャピタルと
TEFテレフォニカを買い増しした。
値動きは、全般には中旬に下げて月末に戻っただけ。
爆下げに感じてたCVXとBPとKMIの資源株も、結局は月初の水準まで戻ってる。
むしろAT&TとTEFの電話株が軟調だった。
MOとRAIとPMのタバコ3兄弟と、LMTとPGとPPLが堅調。
この動きを見て、電力株を増やして原油株の変動をヘッジできないかなとか、
そんなアイディアを思いついたが、実行はしてない。
楽天も特定口座対応するので、また買える米株が増える。
マネックスもADRを小出しするし。
何時まで経ってもPFが安定しない。

ファンドは米国好配当プレミアム戦略ファンドと
スイス・グローバル・リーダー・ファンドを売った。
で、代わりに買ったのは
国際 アジア・リート・ファンド(通貨選択型)インド・ルピーコース。
個別に買い難いシンガポールリート(と香港リート)が投資対象で、
更に買い難いルピー建て。
ゲテモノ喰いだな(笑)
純資産が少ないという難点は目を瞑った。
DWSユーロ・ハイ・イールド債券も少しナンピンした。

FXは含み損のポジを損切りして買い戻すクロス取引を実行。
ついでに少しランド円のロングポジを増やした。
FRBのQE3終了で円安に動くとの読みだったのだが、
期せずして日銀砲前の絶妙なタイミングになった。
ユーロ円のショートポジが少しあるのだが、早めに切るつもり。

ゴールドはとんでもない下げっぷりだが、円建てだとそうでもない。
ドル高で金安だが、それをドル高で円安が打ち消してる。
これはあまり意識してなかった現象で、覚えておきたい。
ただそうは言っても無配転落のニューモントマイニングを
保有してる意味はない。
無配で良いなら、田中の現物スポット買いでも、純金ETFでも、
金鉱株ETFでも、金ダブル・ブルETN(2036)でも、
他に手はたくさんある。
コインとかバーとかも浮かんで、頭の中が迷走中。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 13:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見いたしております。
ルピーですか、、、、大胆。もっと日本から容易に通貨分散できる環境が欲しいです。
鉱山じゃありませんが、金加工4割の、紫金砿業は、お嫌いですか。
Posted by たけ at 2014年11月04日 23:21
たけさん、こんにちは。
たぶん、投資環境的に必要な通貨って米ドルとユーロと円だけで、
ルピーみたいなマイナー通貨は不要なんじゃないかと思ってます。
あるいは、ルピーとかランドとかリラとかを「マイナー通貨」として一纏めに扱うか。
私のは趣味が入ってますからね。

紫金砿業は昔持ってました。
なるほどねぇ。全く思い出しませんでした。
充分に金鉱株だと思いますよ。
ただ、これだけ金自体の価格が下がってると、
紫金砿業に限らず業績悪化は避けられないだろうと。
となれば現状で配当性向80%ですから、
減配や無配に・・・・・

結局は金価格に業績が連動し、充分な配当が出せる好調時には
株価も上がってキャピが得られるのだから、
金鉱株に配当を期待する事自体が無意味なのかもと今は思い始めてます。
日本の商社株と同じで、インカムにインカムとしての意味がない。
もし金鉱株を持つ利点があるとすれば、保有コスト無しでレバレッジが掛かる点かなぁと。

こんな事を考えて思い悩んでる状況です。
Posted by 管理人 at 2014年11月05日 08:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.