2014年07月31日

2014年7月末の日本株式ポートフォリオ

日成ビルドは現状だと配当利回り3%程度なのだが、
中期経営計画が実現すれば12円以上の配当もあるはずという事で。
会社によっては「中計=単なる経営者の妄想」でしかないところも多いのだが、
ここのは既に実行して成果が表れはじめてる状況であり、実現可能性は高いと見る。
仮に実現しなくても、現状は駐車場運営管理やプレハブハウスレンタルなどの
ストックビジネスであり事業素質を評価できる点や、
最悪でも地震リスクヘッジ銘柄としての価値はあるかと。

西菱電機は携帯販売に加えて端末修理や、
防災無線システムの開発管理という時流に乗った事業、
さらにIP無線システム(携帯電話網を活用したタクシーの自動配車システム)など。
どれも保守サポート業務で、継続的に利益を上げそうなのが素晴らしい。

1916日成ビルド工業を新規買い。
4341西菱電機を新規買い。

7533グリーンクロスを買い増し。
7939研創を買い増し。

6289技研製作所を売り切り。

という訳で、2増1減で合計79銘柄。

配当株が以下の42銘柄
1405サーラ住宅
1916日成ビルド工業
1935TTK
1937西部電気工業
2311エプコ
2325日本上下水道設計
2391プラネット
25935伊藤園第1種優先株式
3286トラストHD
3633GMOペパボ
3763プロシップ
3800ビーエスピー
3834朝日ネット
4327日本エス・エイチ・エル
4341西菱電機
4658日本空調サービス
4669ニッパンレンタル
4709インフォメーション・ディベロプメント
4725CACHD
4743アイティフォー
4750ダイサン
5187クリエートメディック
6076アメイズ
6757OSGコーポレーション
7150島根銀行
7466SPK
7533グリーンクロス
7539アイナボHD
7939研創
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
8130サンゲツ
8133伊藤忠エネクス
8798アドバンスクリエイト
8860フジ住宅
8887リベレステ
9381エーアイテイー
9422コネクシオ
9436沖縄セルラー電話
9639三協フロンテア
9761東海リース
9928ミロク情報サービス

J-REITが以下の8銘柄
3227MIDリート投資法人
3269アドバンス・レジデンス投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル投資法人
3281GLP投資法人
8966平和不動産リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急リート投資法人
8979スターツプロシード投資法人

この他に優待株が29銘柄。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.