2014年05月31日

2014年5月末の資産状況

日本株式(含REIT)元本3640万8916円、時価5816万4100円。年間予想配当金203万8628円。
米国株(+米ドル) 元本1354万4147円、時価1413万3760円。年間予想配当金65万0336円。
中国株(+香港ドル)元本187万2124円、時価203万9024円。年間予想配当金15万4022円。
外貨建てファンド 元本667万8540円、時価781万2950円。年間予想分配金83万1000円。
FX           元本559万8748円、時価625万7458円。年間予想スワップ79万1685円。
金+金鉱株     元本215万9428円、時価316万1458円。年間予想配当金3050円。

合計         元本6626万1903円、時価9156万8750円。年間予想収入446万8721円。

ジャスダック指数が+4.98%、東証REIT指数が+4.61%。

日本株は優待新設のBSPと、リクルート上場思惑のCACHDと、
燃料電池車思惑(?)の伊藤忠エネクスが元気だったのが目立つぐらいか。
技研製作所とニッパンレンタルは謎だが、素直に業績評価と受け止めよう。
米国株に資金を取られて日本株の配当金が100万円台に落ちてたのが、
多くの銘柄での増配予想連発により200万円台へ復帰した。

米国株はPMフィリップモリスを少し買い増ししただけ。
実質ロシア株のCTCメディアは一時マイナス25%ぐらい下げてたのだが、
かなり持ち直してきた。
短期筋の皆さんはウクライナ問題にも飽きてきたらしい。
NYコミュ銀が地味に低迷してるが、固定配当が評価を下げてる?
先月から稼動のNISA口座が含み益になってきた。

中国株はシンデレラメディアの株式配当である匯星印刷1010プリンティンが口座に現れた。
これの取得価格が0円で、時価がそのまま含み益になってる。
配当利回り6.38%でもあるし、しばらく保有してみる。
シンデレラは大きな含み損のままだが、年末の節税に使えるのでそれまで放置。

無配に近くなったNEMニューモントマイニングをどうしようか考えてたが、
少しレバレッジの効いたゴールドだと思って保有し続けようかと。
2036等も考えたのだが、ブルベアの長期保有は減価するし信託報酬もあるし。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:38 | Comment(10) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冬葉ツトム 殿

いつも楽しく拝見させて頂いております。

私は40半ばで年間240万程の配当でリタイアしております。

私も含み益が好きなのであらゆる方法を試しましたが今の国内外高配当株の長期ホールド戦略をとっております。

今年より配当課税が20%になったために、SBIでインデックス型配当再投資の投信での毎月自動定期解約に税金に対する優位性を感じてスイッチを検討しております。

この件について冬葉ツトム 様の見解を聞かせて頂けないでしょうか?

宜しくお願い致します。
Posted by 柏餅 at 2014年06月02日 18:52
柏餅さん、こんにちは。
SBIの投信自動売却サービスの存在は知ってますが、
これで売却した時は無税なんでしょうか?
なにが優位なのか私は知らないので、答え様がないです。


柏餅さんが優位と考える点を具体的に教えていただければ
なにかしらの見解を持つかもしれません。
Posted by 管理人 at 2014年06月02日 19:35
連投致します。

間違っているようであればご指摘お願いします。

5000万の株を買い15.2%の値上がり、年4.8%の配当株と仮定します。

240万の配当を受け取ると課税20%とすると税は48万。

再投資型の定期解約で年240万解約すると元金200万プラス含み益40万の為、税は8万。

後者のほうは税金を先送りできるので複利効果がねらえるかと考えました。

具体的にご説明するのに考えてしまったためにお返事が遅れて申し訳ありません。
Posted by 柏餅 at 2014年06月04日 09:50
>再投資型の定期解約で年240万解約すると元金200万プラス含み益40万の為、税は8万。

私は投信の売却(解約)の経験が乏しいためか、ここがよく解りません。
なぜ240万円を解約して、その一部にしか課税されないのでしょうか?
個別株と同条件とすると元本から15.2%値上がりしてるはずですから、
特別分配ではなく普通分配ですよね。
ひょとしたら投信自動売却サービスの場合は特殊なルールがある?


仮に税8万だとしても、更にいろいろと疑問点があります。

・前者の個別株のケースでは15.2%値上がり分を含み益にしてることで課税を回避してるが、
 後者の投信のケースでは値上がり分を実現益にすることで、わざわざ課税される事になるが、
 それはどうなのか?

・個別株のケースでは元本5000万円が永久に維持されるが、
 投信のケースでは元本が取り崩される。それで構わないのか?

・もし元本取り崩しで構わないのなら、利回り30%のタコ足分配投信で
 "含み損で特別分配で無税"って状況の方が効率的であるが、それは駄目なのか?

・15.2%高い価額で再投資されるので徐々に取得単価が上がり、
 私達の大好きな含み益が減少するが、それは構わないのか?

・前回のコメントに「インデックス型配当再投資の投信」とあったが、
 インデックス投信の分配金で年利4.8%もあるのか?

・そもそも、リタイアした人間に複利効果による資産増加が必要か?
 複利効果が期待できるほどの運用期間が得られるか?

と、思いついたことを書き並べてみました。
これらの疑問に明快な答えが出せるなら、柏餅さんのアイディアは素晴らしいものだという事になります。
が、そうなると

・そんな素晴らしいアイディアを誰もやってない(少なくともネット上で喧伝してない)のは何故か?

という新たな疑問が出てきます。

Posted by 管理人 at 2014年06月04日 11:45
こんにちは!冬葉ツトム 様。いつも配当金生活読ましていただいてます。

ありがとうございます!

冬葉ツトム様は中国株はどちらの証券会社使われてますか?
私は内藤証券とSBI証券両方開いてまして
今は内藤証券を使ってます。
内藤証券は特定口座が使えますが、手数料は少ししますね。
Posted by 小澤 at 2014年06月04日 14:08
ご指摘有難うございます。

冬葉様の各ご指摘を一つ一つ検討してみます。

私の質問に時間をとって頂き有難うございました。

またお返事させていただきます。
Posted by 柏餅 at 2014年06月04日 14:33
小澤さん、こんにちは。
今はマネックス証券です。
2004〜2007年は東洋証券を使ってました。
当時、特定口座内でネット注文が出来るのは東洋と内藤と藍澤だけだったのですが、
東洋を選んだ理由は忘れました(笑)
Posted by 管理人 at 2014年06月04日 15:42
いつも興味深く拝見しています。
投信保有においてSBI証券には圧倒的なメリットがあります。
投信保有残高が1000万超えていれば年0.2%のポイントがつきます。
これはそのまま1P=1円でSBI住信に入金できますし、SBI住信口座が無くてもそのままSuica等に移管できます。ポイント付与なので当然税金はかかりません。
投信カテゴリであればノーロードだろうがETF型だろうがNISA口座だろうがなんでもOKなので圧倒的優位です。
1000万未満の場合でも0.1%付きます。怖いのは改悪だけですが、投信長期保有or再投資の方にはおススメです。

※柏餅様の件とは違いますが対面証券の場合は小口で分散して個別株を売って税金シカトしてくれる担当者が存在します。ただ、1回の売買代金を30万以下に抑えるため手数料が高いうえに嵩むこと。大型株は無理なこと。デメリットも一杯ですので旨い話はそうそうありません。
Posted by エルレーン at 2014年06月04日 21:51
エルレーンさん、こんにちは。
私はSBI口座に投信が約600万円分ありますが、
月に500円ほどのポイントなので、
あまり気にした事はないです。
気が付いた時には失効してる事が多いです(笑)
Posted by 管理人 at 2014年06月04日 23:54
冬葉ツトム 様

本日初めて訪問させていただきました。
数年前から不労所得で生活されているとのこと、
素晴らしいと思います。

私自身も2か月前より同様の状態になれました。
今後なにかと参考にさせていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
Posted by hide11111 at 2014年06月08日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.