2013年11月22日

目標株価

近況としては、マネックスが米国株を特定口座にするという事で、
慌てて対応してるところ。
あまり真剣に米国株なんて考えてなかったから大変。
年末頃のPF大変更に向けて現金化も徐々に進めてる。
最大で20銘柄弱は日本株を削減するかも。
このあおりでNISA口座も楽天でつくる予定が急遽中止になった。
と、オッサンの近況など述べてても仕方がないので話を変えて。

個人ブログのコメント欄で「(銘柄名)の目標株価はいくらですか?」とか
訊かれてるのを良く見かける。
そのたびに「難儀だなぁ。ご苦労様なことで。」と思う。
この場合、正答は「知ったこっちゃねぇよ!」しかないのだが。
各ブログ主は私と違って大人なので丁寧に答えてるけどね。

この手の質問主って、各銘柄に固有の目標株価が存在してると思ってるのだろうか?
相場って、1円抜くことが目標の人と100倍が目標の人とが同時に同銘柄に絡む世界。
各銘柄に固有ではなく、各人に固有の目標ならあるだろうが、
だったら人に訊いても無意味でしょ?
なのに訊かずにいられない、相場に向かない人達。


このブログでも珠に訊かれるのだが、適当に答えてる。
無意味だからというのもあるが、そもそも答えようがないのだ。
だって私の場合、株価が目標ではないから。
株価が目標ではないのに目標株価がある訳がない。

でも各銘柄毎に売り基準は決めている。
この基準は株価の絶対水準であり、影響を与えるのは配当額しかない。
それに対し、目標株価云々を訊いて来る人達が気にしてるのは株価の変動だ。
つまり「急にストップ高になったので売りました」とかの前日比の変動や、
「買値から2倍になったのでもう充分」とかの買値比の変動。
ある一定の株価から今の株価への変動が売買の理由になるのは、
それがキャピタルゲイン狙いだから。(←その変動こそが収益源)
私はインカム狙いなので、絶対水準しか売買理由にならない。(←保有が収益源)

という訳で、他のブログより更に「知ったこっちゃねぇよ!」としか。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 15:55 | Comment(7) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冬葉さん、こんばんは。米国株は配当に現地課税10%がかかるのが難点ですよね。外国税額控除もありますが所得税額がかかるにしか意味がなくしかも一部分しか帰ってこないというのが私の認識です。申告分離で外国税額控除もできると思いますが、専業投資家の場合申告をすることで国保料が上昇するのかも?米国優良株自体は毎年増配していてとても優れた投資先だと思っています。
Posted by VIZON at 2013年11月22日 21:45
VIZONさん、こんにちは。
私は税率とかはそれほど気にしてないんです。
配当にせよ譲渡益にせよ、儲かった分にかかってくるだけなので。
税金が高くなって困るなら、それ以上に儲ければ良いだけで。
その点、仰るとおりに国保などは悪影響が大きすぎるので、
今まで特定口座対応を待ってました。

でもドル円3桁の今買うのは、ちょっと気後れしますが。
VIZONさんは良いタイミングで買いましたよね。
Posted by 管理人 at 2013年11月23日 00:20
冬葉さん、こんにちは。
NISAの対処法について迷っています。二度目の投稿です。

楽天でのNISA口座開設中止ということですが、NISAでの投資先として米国株を検討されているのでしょうか?
税についてそれほど気にされてないということは、「NISAだからどうこう」ということもないのかもしれませんが、現時点で何を買うか考えていらっしゃるようなことがあればお聞かせくださるとありがたいです。

私は税負担が気になるタチでして、配当控除の使えないREITか米国株もありかと思っています。
Posted by k at 2013年11月23日 10:36
kさん、こんにちは。
私のNISA利用の目的は節税ではなく、申告が不要になることが主です。
なので、今まで申告の必要があって買えなかった米国株を買おうと。
米国株を扱ってるネット証券3社のうち、マネックスは来年頭に間に合わない。
残りのSBIと楽天のうち、手数料の安い楽天で開設する・・・というのが
今月初めまで描いていたシナリオでした。

が、マネックスから米国株特定口座対応のリリースが出て状況は一変しました。
アセットアロケーション的に米国株の配分はある程度大きめにしたいところですが、
NISAだとたったの100万円分しか買えない。5年間でも500万円。
特定口座なら好きなだけ買えるので、マネックスの特定口座で米国株を買おうと決めました。

これでNISAが宙に浮いちゃったわけですが、特定口座で買えない株式として
楽天とSBIが扱ってる「日米中以外の株」を買うのが良かろうと。
これらはPF内のオマケみたいなものですから100〜500万円でも充分ですし。
どちらの証券会社にするかは迷ったのですが、国の種類の多いSBIに開設した方が良いかなと。
(既に書類を送ってから取り消すという無茶なことをしたので、
これからどうなるのか自分でもよくわからない状態です。
今年中の開設は無理かもしれません)
無事にSBIに開設できた暁には宝くじ感覚でベトナム株を買いたいなぁと思ってます。

というわけで、私とkさんとではNISA口座開設の目的が違うので、
なんの役にも立たない答えだと思いますが。
Posted by 管理人 at 2013年11月23日 13:29
なるほど、節税ではなく申告不要が主目的なのですね。
投資対象の幅を広げるためのNISA枠というところでしょうか。
米国株ですら疎い私には「日米中以外」は荷が重いですが、考え方自体は参考になります。
ありがとうございました。
Posted by k at 2013年11月23日 21:15
大変勉強になりいつも拝見しています。

外国株の特定口座は、大和やコスモなど特定に対応していますが、ネット証券ではないから使わなかったのでしょうか?教えてください。
Posted by 山田 at 2013年11月24日 14:33
山田さん、こんにちは。
野村とかの大手証券だと昔から外国株も特定口座に対応していたのですが、
全て電話注文だけでネット注文できなかったので使いませんでした。
(昔は勤めてたので日中の電話は無理だった)

2004〜2007年まで東洋証券の特定口座で中国株を売買してましたが、
これはネット注文できたので。
売買手数料が高く口座維持手数料も必要なのですが、背に腹は代えられず。
2007年、高値感があったので中国株は売り切りました。
2008年からは日本株も充分安かったので中国株にあまり興味はありませんでした。

Posted by 管理人 at 2013年11月24日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.