2013年11月08日

個人にとっての投資

先日、コメント欄で「考え方がブレる」ことについて質問を頂いた。
再掲になる部分もあるが、まとめておこうと思う。

実際には、考えは常に揺れ動いており、むしろ柔軟な発想のために
考えは多様になるように努力してる。
しかし、考えた事を実行に移すのは慎重だ。
「思考」は揺れても「言行」はそう簡単には動かないように務めてる。

素人が農業を始めたとする。
二期作等もあるが、殆どの場合は種をまいて収穫というサイクルで1年間かかる。
しかし1年やったから必ず成果が出る訳でもない。
たぶん1年目は失敗して、2年目はノウハウを貯めて、3年目でなんとか形に・・・・
という程度の覚悟で始めるはずだ。
つまり、少なくとも数周期で考えなければいけない。
そしてその後も試行錯誤が続くが、その試行も1年サイクルである。

日本株の場合、まれに四半期配当もあるが、殆どは期末一括配当という1年サイクルか
中間配当と期末配当という半年サイクルになる。
という事は、こちらも1〜2年は経たないと最初の結果の確認すら出来ないわけで。
「月次が悪いから」とか「四半期が良いから」なんていう目先筋みたいな
拙速は許されず、自動的に長丁場になる。
買って5年ぐらい経って、ようやく「銘柄選択は間違ってなかった」みたいな。
投資の根幹としてインカム狙いを謳っている私の場合、
もし頻繁に方針がブレてたら失敗するのは目に見えてる訳だ。


そして私の場合、失敗すると困るのだ。
なぜなら投資が生業(なりわい)だから。
投資での失敗は生活費の枯渇に繋がり、困り果てる。
サラリーマンだって、10年間で100回も職場を変える人はまず居ない。
毎日の様に辞めたいと思ってても、実際に数ヶ月に1度ペースの転職でも珍しいはず。
それは会社勤めが生業だから。
それが生活費を稼ぐ手段である以上、ブレブレでは困るのだ。


しかし殆どの個人投資家の場合、投資方針がブレる事なんか気にしなくても良い。
彼らにとって投資は遊びだから。
遊びなので失敗しても、せいぜいガッカリする程度で、別に困らない。
遊びなので、むしろブレた方が面白い。

アンチ巨人の私としては、日本シリーズの第7戦でマー君が打たれたらガッカリします。
でも、困りはしない。私にとって野球観戦は遊びだから。
でもマー君は困る。野球が生業だから。
私にとっては走者が出て一打逆転の状況の方が面白い。遊びだから。
でもマー君にとってはスンナリと3アウトが良い。生業だから。


資産形成とか仕事辞めたいとか早期リタイヤしたいとか言ってても、
本当のところは、今までの延長線の将来をボンヤリと想ってるはず。
なんとなく仕事を続け、今までぐらいの生活で、年金もたぶん貰えて・・・・・・
彼らにとっての投資は「自分は努力したんだ」という証拠でしかない。
俺はしっかりと努力したのに、それでも上手くいかなかったのは
国が悪い、社会が悪い、誰かが悪い・・・・・・・
将来の責任転嫁のための地道な証拠づくり。
この証拠づくりが特に上手なのはインデックス投資で、
「理論的には正しいのに上手くいかなかったのは時代が悪かったから」(笑)

大いに遊べば良いんですよ。
将来の証拠に出来て、さらに毎日のお楽しみになって。
些細なことを大げさに騒げば、目先の売買の言い訳も簡単に創れますし。
日々の言い訳と将来の言い訳が両立できて、投資って素晴らしいじゃないですか。
「趣味か娯楽の範疇に出来る程度の出費や時間に収める」という点だけ
気を付ければ、あとは面白く遊べば良いんです。
生業じゃないんだから。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 15:56 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
珍しく毒を吐かれているような・・・・・・。
何かありましたか?
いつも冷静沈着な(そう私には見える)冬葉さんの書かれていることだと思うと、
ちょっと驚きます。
朝令暮改が日常茶飯事の私が書いたものだと思えば、
全然そんなことはないのですが。
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


Posted by mushoku2006 at 2013年11月08日 21:47
mushoku2006さん、こんにちは。
私は普段通りのつもりですが、興奮してるような文章に見えますかね?
だとしたら、単に文章力のなさです。
文体が硬かったかも?

Posted by 管理人 at 2013年11月08日 22:54
ぶれなくても、結果が伴わないことはあるので、ぶれてもいいし、心理的にぶれたりしても、それを実行に移さないこともある。

リスク分散がほどよくなされ、銘柄入れ替え、配当率、安定性などをみるに、参考になります。

このブログの銘柄どおりにしたいとは思いつつ、自分のオリジナルに拘ってしまうのが人間ですね。拘っているつもりがなくても、気づいてみると相当偏った構成になっている。
Posted by aa at 2013年11月12日 06:36
aaさん、こんにちは。
私のPFも、偏ってるといえば偏ってますね。
日本株だけで見ても、小型株ばかりで大型株がない。
(最も大きいサンゲツでも、時価総額はトヨタの200分の1)
業種でも、製造業や小売業が極端に少ない。
成長力のない銘柄ばかりなのも偏ってます。
PF全体でも日本株に偏ってますし、円に偏ってます。
結構こだわりがあるわけです。

でも、私にとっては「生活するのに必要なこだわり」なんですよ。

個人投資家の皆さんは、私と同じこだわりを持つ必要は全くないですよね。
生活のためではなく、楽しみのためにやってるのですから、
「楽しむためのこだわり」さえあれば良いわけで。
(頻繁に売買できて、趣味娯楽費でくくれる程度の損失内に収める)
ですから、私と同じ銘柄にする必要もないし、同じ手法を取る必要もないです。
だって、そもそも目的が違うのですから。

Posted by 管理人 at 2013年11月12日 07:50
はじめまして。
文章を読んでいて洞察力があってなるほど〜と考えさせられました。
特に、『資産形成とか仕事辞めたいとか早期リタイヤしたいとか言ってても、
本当のところは、今までの延長線の将来をボンヤリと想ってるはず。
なんとなく仕事を続け、今までぐらいの生活で、年金もたぶん貰えて・・・・・・
彼らにとっての投資は「自分は努力したんだ」という証拠でしかない。
俺はしっかりと努力したのに、それでも上手くいかなかったのは
国が悪い、社会が悪い、誰かが悪い・・・・・・・
将来の責任転嫁のための地道な証拠づくり。』耳が痛かった。心に刺さりました。
また読ませていただきます。
Posted by fukuro at 2014年03月01日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.