2013年09月30日

2013年9月末の日本株式ポートフォリオ

売り基準に達したのを売って、既存銘柄を買い増ししただけ。
特に目新しい動きもなく、平凡な日々。

プラネットは決算発表で買われると思ったら、むしろ売られ気味で驚いた。
三桁で買えるのは今年中だけだと思うんだが。
消費増税も決まったっぽいので、対策にプロシップを増強。
(ミロク情報に置いていかれてるのは、上場市場の差だけだと思う)

以前から気になっていた銘柄で3230スター・マイカというのがある。
そこのビジネスモデル(賃貸人が現住してる部屋を買って居住中は家賃ゲット、
退出したらリフォームして売却)に魅力を感じてたのだが、
配当性向が低くて買えなかった。
が、フジ住宅も同様の事業を始めたのを四季報で知って、大喜びで買い増しした。
7月にIRが出てるが全く気がついてなかった(笑)

1405サーラ住宅を買い増し。
2154トラスト・テックを買い増し。
2391プラネットを買い増し。
3763プロシップを買い増し。
4709インフォメーション・ディベロプメントを買い増し。
7518ネットワンシステムズを買い増し。
8860フジ住宅を買い増し。

3089テクノアルファを売却。
8706極東証券を売却。
優待株を1銘柄売却。

という訳で、3減で合計97銘柄。

配当株が以下の60銘柄
1379ホクト
1405サーラ住宅
1935TTK
1937西部電気工業
2128ノバレーゼ
2154トラスト・テック
2311エプコ
2322NECフィールディング
2325日本上下水道設計
2391プラネット
2445SRGタカミヤ
2492インフォマート
25935伊藤園第1種優先株式
3023ラサ商事
3076あいHD
3286トラストHD
3633ペパボ
3763プロシップ
3800BSP
3834朝日ネット
4312サイバネットシステム
4327日本SHL
4658日本空調サービス
4659エイジス
4709インフォメーション・ディベロプメント
4725CAC
4750ダイサン
5187クリエートメディック
5967前田金属工業
5997協立エアテック
6068P&PHD
6076アメイズ
6250やまびこ
6289技研製作所
6436アマノ
6716テクニカル電子
6757OSGコーポレーション
7150島根銀行
7466SPK
7518ネットワンシステムズ
7533グリーンクロス
7539アイナボHD(旧アベルコ。10/1から持株会社に)
7823アートネイチャー
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
8130サンゲツ
8133伊藤忠エネクス
8139ナガホリ
8798アドバンスクリエイト
8860フジ住宅
8887リベレステ
8904サンヨーハウジング名古屋
9381AIT
9422コネクシオ(旧アイ・ティー・シーネットワーク。10/1から商号変更)
9436沖縄セルラー電話
9444トーシン
9639三協フロンテア
9761東海リース
9928ミロク情報サービス
9980マルコ

J-REITが以下の11銘柄
3227MIDリート投資法人
3269アドバンス・レジデンス投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル投資法人
3281GLP投資法人
8953日本リテールファンド投資法人
8960ユナイテッド・アーバン投資法人
8966平和不動産リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急リート投資法人
8979スターツプロシード投資法人
8982トップリート投資法人

この他に優待株が26銘柄。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいてます。

管理人さんは来年から始まるNISA、どの証券会社で開設する予定でしょうか?

以前の記事では、特定口座が利用できない外国株で利用するのが有利な活用法とありました。
主要ネット証券では、取扱い国別では、SBI証券。手数料ではマネックス証券が有利かと思われます。
また、マネックス証券は本年度末に米国株特定口座が実施される予定とのうわさもあります。

各証券会社の取扱いがある程度出そろってきたなかで、そろそろ準備の時期かと思いますがいかが検討されていますか?
Posted by my at 2013年09月30日 19:01
myさん、こんにちは。

私は楽天でNISA口座を開設する予定です。
マネックスのNISAで外国株を扱うのは来春からになるそうなので、
取り合えず1月には間に合わない。
(まぁ、1月から始めなくても良いのですが)
あとはSBIか楽天ですが、楽天の方が手数料が安いので。
取り扱い国はSBIが多いのですが、米国株を買おうと思ってるので。

楽天も外国株の特定口座の噂はあるんですよね。
それはNISAと違って複数の口座もつくれるので、NISAとは切り離して考えりゃ良いかなぁと。
Posted by 管理人 at 2013年10月01日 01:02
回答ありがとうございます。

マネックスの取扱いは来春からなんですよね。
購入機会を逃すのは嫌、でも余計な手数料は支払いたくない。
取扱い国は多いほうがいい。でも、一つの証券会社でまとめたい・・。
そんな大きな額でないとは理解はしてますが、変えられないと
思うとなかなか決められずにいて質問させてもらいました。

いまさらですが、NISAによる株式税制の複雑化を考えると、
貯蓄から投資へと国が進めるのであれば、
配当所得を据え置き、譲渡所得のみ税率引き上げることを検討しても
良かったのではと思います。
ただ、損益通算部分などでまた複雑になりそうですが・・。
Posted by my at 2013年10月01日 23:21
私はむしろ、普段使ってる一般口座と分ける意味もあって、
休眠してた楽天にしようと思ってます。
銘柄は分散してるのに口座は集中も変だし。

各金融機関も1年ごとにNISA口座を変更できるように運動してるらしいので、
2年目は別の口座がつくれるかもしれません。
もしそうなると、去年悩んだのはなんだったんだ?ってことになるかも。

私としても配当税率が特例のままの方が有難いですけど、
もし本当に投資への流れを進めたいのなら決定打は
「全金融商品の特定口座(源泉徴収)一本化」
「サラリーマンの副業認可」だと思ってます。
前者は源泉徴収されるなら他のやり方でもOK。
後者は法律で認めて、且つ就業規則で禁止するのを禁止する。
要は、最大のネックは確定申告だと思ってます。
税率軽減は小手先の技だと。

いや、もっと決定的なのは「株をやれば儲かる」と国民が感じることでしょうが。
ここ20年は、儲かりそうにないから預貯金に逃げたんですよ。
決して貯蓄好きな国民だからじゃない。

Posted by 管理人 at 2013年10月02日 07:54
フジ住宅が始めようとしているビジネスモデルは面白そうですね!
自分のポートフォリオはストックビジネス系が少ないので
そうゆう銘柄で高配当が欲しいところです(^-^;
Posted by ノリ at 2013年10月02日 22:46
ノリさん、こんにちは。
フジ住宅の始めた中古住宅アセット事業は、ちょうど私と同じこと
(賃料or配当を受け取りながら保有→売って儲かるようになったら売る)
なので、美味いビジネスなんじゃないかと思ってます。
スター・マイカも好調みたいですし。

ストックビジネス系は業績が安定してるため固有の理由で株価が下がりにくいので、
全体が暴落して連れ安した時に買わないと安く買いにくいですね。

Posted by 管理人 at 2013年10月02日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.