2013年05月31日

2013年5月末の日本株式ポートフォリオ

もう貧乏人向けビジネスの時代じゃなかろうと思ってSKジャパンとテイツーは売った。
で、富裕層向け高価格帯商品ってことでナガホリを買った。マルコも買い増し。

もしもしとMTIが期待を裏切ってくれたのですっかり意気消沈。
新戦力候補として建ててた玉は殆ど返済してエイジスだけ現引きした。

余った資金は現有戦力の拡充に勤しんでいた。
サーラとザッパラスと日本空調とOSGは現値でも買えると思うし、
他も買値平均では配当利回り4.5%以上を維持できてる。
ダイサンとグリクロとアベルコは地震リスクヘッジの付加価値も含めて。

農業振興+TPP参加なら兼松には追い風だろうし、
そうなれば兼松エレにも恩恵があるだろうと妄想。
テク電も農業関連なんだが、誰も買ってくれない(笑)

4659エイジスを新規買い。
8139ナガホリを新規買い。

1405サーラ住宅を買い増し。
3770ザッパラスを買い増し。
3834朝日ネットを買い増し。
4658日本空調サービスを買い増し。
4725CACを買い増し。
4750ダイサンを買い増し。
5187クリエートメディックを買い増し。
6716テクニカル電子を買い増し。
6757OSGコーポレーションを買い増し。
7533グリーンクロスを買い増し。
7539アベルコを買い増し。
8096兼松エレクトロニクスを買い増し。
9928ミロク情報サービスを買い増し。
9980マルコを買い増し。

2492インフォマートを部分売却。
4312サイバネットシステムを部分売却。
4708もしもしホットラインを部分売却して優待株に格下げ。

2172インサイトを売却。
7608SKジャパンを売却。
7610テイツーを売却。
9438MTIを売却。

という訳で、2増4減で合計104銘柄。

配当株が以下の61銘柄
1379ホクト
1405サーラ住宅
1935TTK
1937西部電気工業
2128ノバレーゼ
2154トラスト・テック
2311エプコ
2322NECフィールディング
2325日本上下水道設計
2391プラネット
2445SRGタカミヤ
2492インフォマート
25935伊藤園第1種優先株式
3023ラサ商事
3076あいホールディングス
3089テクノアルファ
3235トラストパーク
3633ペパボ
3763プロシップ
3770ザッパラス
3800BSP
3834朝日ネット
4312サイバネットシステム
4327日本SHL
4658日本空調サービス
4659エイジス
4725CAC
4750ダイサン
4767TOW
5187クリエートメディック
5967前田金属工業
5997協立エアテック
6068P&PHD
6250やまびこ
6289技研製作所
6436アマノ
6716テクニカル電子
6757OSGコーポレーション
7150島根銀行
7466SPK
7533グリーンクロス
7539アベルコ
7823アートネイチャー
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
8130サンゲツ
8133伊藤忠エネクス
8139ナガホリ
8706極東証券
8798アドバンスクリエイト
8860フジ住宅
8887リベレステ
8904サンヨーハウジング名古屋
9381AIT
9422ITCネットワーク
9436沖縄セルラー電話
9444トーシン
9639三協フロンテア
9761東海リース
9928ミロク情報サービス
9980マルコ

J-REITが以下の11銘柄
3227MIDリート投資法人
3269アドバンス・レジデンス投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル投資法人
3281GLP投資法人
8953日本リテールファンド投資法人
8960ユナイテッド・アーバン投資法人
8966平和不動産リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急リート投資法人
8979スターツプロシード投資法人
8982トップリート投資法人

この他に優待株が32銘柄。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 17:08 | Comment(5) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どもどもです。
ご無沙汰しております。

紆余曲折を経て、
私も今は割安だと思える小型株投資に注力しています。
相変わらず売買が多いので、
冬葉さんの投資スタイルとは大分違うと思いますが。
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

ところで、
MIDリート投資法人がこのあいだ分配金の大幅下方修正を発表しました。
冬葉さんも投資をされていますが、
こういう事態が起きた場合、
投資判断に変更はされないのでしょうか?
あくまで一時的なことだから、継続保有で問題なし、
というご判断だったのかなあ・・・・・・と想像していますが。
ではでは。

Posted by mushoku2006 at 2013年06月02日 08:22
mushoku2006さん、こんにちは。こちらこそご無沙汰しております。
本記事の通り、私も売買は多いですよ。
必要な売買なら頻度は気にしません。
売買を楽しまない様に気を付けてるだけです。

MIDリートに限らず、特別損益は考慮しません。
また、記念配当や特別配当も計算に入れません。
どちらも継続性がないので。

MIDの分配金減額は仰る通りに一時的なものですし、
数少ない東京外オフィスリートで代替がきかないのもあって、
たぶんまだ保有し続けると思います。

Posted by 管理人 at 2013年06月02日 15:34
いつも参考にさせていただいております。

REITについて冬葉様のお考えを聞かせていただけますでしょうか。

4月19日のJ-REITの基本方針および現状で

>多分、これから数年は売る一方になると思うので、

との理由はなぜですか?

また、今後、金利が上昇した場合のJ-REITについては
いかが、お考えですか?


Posted by 1122 at 2013年06月20日 18:21
1122さん、こんにちは。
REITについては10年国債とのイールドスプレッドが狭まる毎に
少しずつ売っていこうと考えていました。
で、スプレッドが2.5ぐらいになったら第1弾の売りを出そうと
考えていましたので、3月下旬に少し売りました。
この時は日銀の緩和でREITの利回りは下がり国債の利回りは上がる一方で、
スプレッドは狭まり続けると思ってましたので、
「これから数年は売る一方に・・・」と書きました。
まさかマーケットが異次元緩和を全否定するとは夢にも思いませんでした(汗)

という訳なので金利が上昇した場合、REITの利回りも上がれば放置ですし下がれば売ります。
イールドスプレッド次第です。

Posted by 管理人 at 2013年06月20日 22:46
冬葉様、こんばんは。

先日は、早々のご回答ありがとうございました。

REIT価格が上昇してきたので、値上がり益を確定されるのに
売却されるのかなと思いましたが、そうではなかったのですね。

REITを手放す時期のご自身のルールなど、改めて、
冬葉様のお考えの深さを知る次第です。

今後とも(少し大げさですが)色々ご指導を
いただけましたら幸いです。
Posted by 1122 at 2013年06月25日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.