2013年03月29日

2013年3月末の日本株式ポートフォリオ

部分的に売却して新規に買うという事を繰り返したので、銘柄数が急増した。

地震リスクヘッジ用の大黒柱だったカナモトを売り切ってしまって、
SRGタカミヤも減ったので、代替銘柄として色々と買った。
西部電工は九州地盤の通信工事、ダイサンは関西地盤の足場レンタル、
技研製作所は高知地盤の杭打ち機メーカー、三協フロンテアは仮設レンタル。

協立エアテックはビル空調、アベルコはビル外壁タイルで、
こちらもある程度は地震リスクヘッジも期待してる。
協立エアみたいな九州の空調関連は、PM2.5対策の需要もあるんじゃないかと妄想。
期末一括でガチガチの業績連動型配当なところは嫌なんだけど。

上記はヘッジ目的もあってあまり高配当でもないのが含まれてるが、
その辺を補うのがTOWとリベレステ。
どちらもむかし稼がせてくれたので好印象がある。

売却は売り基準に達したところで粛々と売ってる。

1937西部電気工業を新規買い。
4750ダイサンを新規買い。
4767TOWを新規買い。
5997協立エアテックを新規買い。
6289技研製作所を新規買い。
7539アベルコを新規買い。
8887リベレステを新規買い。
9639三協フロンテアを新規買い。

3770ザッパラスを買い増し。
4725CACを買い増し。
8096兼松エレクトロニクスを買い増し。

2445SRGタカミヤを部分売却。
3076あいHDを部分売却。
8706極東証券を部分売却。
3227MIDリート投資法人を部分売却。
8953日本リテールファンド投資法人を部分売却。
8960ユナイテッド・アーバン投資法人を部分売却。

9678カナモトを売却。

という訳で、8増1減で合計105銘柄。

配当株が以下の62銘柄
1379ホクト
1935TTK
1937西部電気工業
2128ノバレーゼ
2154トラスト・テック
2172インサイト
2311エプコ
2322NECフィールディング
2325日本上下水道設計
2391プラネット
2445SRGタカミヤ
2492インフォマート
25935伊藤園第1種優先株式
3023ラサ商事
3076あいホールディングス
3089テクノアルファ
3235トラストパーク
3633ペパボ
3763プロシップ
3770ザッパラス
3800BSP
3834朝日ネット
4312サイバネットシステム
4327日本SHL
4658日本空調サービス
4708もしもしホットライン
4725CAC
4750ダイサン
4767TOW
5187クリエートメディック
5967前田金属工業
5997協立エアテック
6068P&PHD
6250やまびこ
6289技研製作所
6436アマノ
6716テクニカル電子
7150島根銀行
7466SPK
7533グリーンクロス
7539アベルコ
7608SKジャパン
7610テイツー
7823アートネイチャー
8096兼松エレクトロニクス
8117中央自動車工業
8130サンゲツ
8133伊藤忠エネクス
8706極東証券
8798アドバンスクリエイト
8860フジ住宅
8887リベレステ
8904サンヨーハウジング名古屋
8915タクトホーム
9381AIT
9422ITCネットワーク
9436沖縄セルラー電話
9444トーシン
9639三協フロンテア
9761東海リース
9928ミロク情報サービス
9980マルコ

J-REITが以下の11銘柄
3227MIDリート投資法人
3269アドバンス・レジデンス投資法人
3278ケネディクス・レジデンシャル投資法人
3281GLP投資法人
8953日本リテールファンド投資法人
8960ユナイテッド・アーバン投資法人
8966平和不動産リート投資法人
8968福岡リート投資法人
8977阪急リート投資法人
8979スターツプロシード投資法人
8982トップリート投資法人

この他に優待株が32銘柄。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.