2013年01月02日

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年の方針ってほどに明確に考えてるわけでもないのだが、
「現物で動かず、信用で動く」をイメージしてる。

「資本主義経済と極左政権」が水と油の関係だという当たり前の事実が
国内数千万人のバカ有権者様たちでも幾らなんでも理解できたと思うので、
3年半の人災を脱して日本経済は普通の状態に戻ると思う。
普通っていうのはTOPIXで1200前後、日経平均で1万3千円前後を想定してる。
であれば、フルポジPFの私は下手に動く必要はないんじゃないか。
気絶していれば果実は手に入るのではないか。

しかしだ。
この場合の果実は時価評価だが、私にとって本当の果実はインカムである。
時価が増加してもインカムは増えない。
インカムを産み出すのは元本である。なんとかして元本を増やさねば。

サラリーマンの皆さんの様に賃金収入から入金投資が出来るわけでもなく
(インカムを出金しちゃうので、むしろ出金減資?の状態)
元本増加には売買益が不可欠である。
しかし現物ポジから産まれるインカムが生活の糧である以上、それは崩したくない。
まして端金でPFを劣化させたくない。
となると、信用取引の利益で元本を増やすしかないじゃないか。

というわけで、現物取引は控える。特に利益確定を出来るだけ引き延ばす。
信用取引で積極的に動いて元本増加に努める。これが今年の方針的なもの。

ちなみに集計したところ、昨年の現物株取引の損益は+273万円、
対して信用取引の損益は+27万円だった。十分の一。
これを逆にしたいのだが、どうしたらよいものやら・・・・・


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 15:18 | Comment(10) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本年もよろしくお願いします。
配当金生活ならではの悩みですね。
私もリタイア後なら信用取引もアリかなと
思っています。参考になりました。
Posted by ろくすけ at 2013年01月02日 21:53
こちらこそよろしくお願いします。
信用の活用は長年の懸案で、まぁ今年はなんとか頑張りたいって程度の願望なんですけどね。
たぶん今年も上手くいかない(笑)
デイトレーダーの皆さんの才能が羨ましいです。

Posted by 管理人 at 2013年01月02日 23:36
配当生活を目指して、資産構築中です。
これから時々覗かせていただきます。

30代前半であるため、まだ年間配当100万程度しかありません。
これから最低300万/年にしないといけないと思っています。

余裕ができたら、海外移住を考えています。
Posted by 売り専 at 2013年01月03日 12:13
本年もよろしくお願いします。
アベノミクス関係だと、めぼしい銘柄は上がってしまって手が出しづらい気がします。私は出遅れ気味?な4345シーティーエスを少し建ててみました。

邪道と言われるかもしれませんが、いっそのこと日経平均ETFというのはいかがでしょう?想定1万3千円なら約20%ですね。
Posted by モンド at 2013年01月03日 18:58
あけましておめでとうございます!
現物で動かず、信用で動くですか〜。
自分も取引的には手数料が安い信用の方での取引が多いです。
うま〜く信用取引で元本を増やしていきたいですね。

今年もよろしくお願いします!
Posted by ノリ at 2013年01月03日 19:46
モンドさん、こちらこそよろしくお願いします。
アベノミクス関連はほぼ全銘柄だと私は思ってます。
CTSは地震に強いし地域分散も出来るしで良い銘柄ですね。

想定っていうのは「地合がそのぐらい」の意味です。
私の目標は20%より遥かに上です(笑)

Posted by 管理人 at 2013年01月03日 21:32
ノリさん、おめでとうございます。
以前は1約定の手数料が3000円なんてのもあって
(野村とかじゃないですよ。ネット証券で)
それに比べると今時の手数料はあまり意識してません。

Posted by 管理人 at 2013年01月03日 22:11
配当金生活を目指すということは資産がそこそこだとある程度投資がフルポジションになり、相場上昇局面でいい成績が残るのですね。私は投資余力をそこそこ残していたこともあり、逆にウラメッタ感じです。

これがそのまま相場が一直線であれば、更にその判断はミスしたということになるのでしょう。
Posted by aa at 2013年01月08日 08:08
aaさん、こんにちは。
例えば資産100万円で配当金生活を目指してる人は、売買益で資産を増やさなければならないので
臨機応変にフルポジにもノンポジにもなります。
資産20億円で配当金生活中の人は、せいぜい4億円も使えば利回り5%で年収2000万円ですから
フルポジにする必要がないです。
つまり、配当金生活=フルポジとは限らない。
私の場合は、配当金生活をするには資金がギリギリだから必然的にフルポジになってるだけです。
投資判断とかが入り込む余地はありません。

私はほとんどの個人投資家と(たぶんaaさんとも)視野が違うので、比べても無意味だと思いますよ。
日足や週足チャートで見るような狭い視野なら、一直線ではなく反落するでしょう。
でも月足や年足チャートで見るような視野なら、まだ大底圏でもがいてるだけです。

Posted by 管理人 at 2013年01月08日 12:23
管理人さんは大分、日株にポジティブのようにみえますね。

個人的には、管理人さんのポジションは羨ましいです。逆にMushoku2006さんはあまり羨ましくない。私は総資産の額では多分、管理人さんを超えているけれども、それでも管理人さんのようなポジションは維持できない。性格の問題でしょう。一時的には、マネは容易にできたとしてもです。視野という点では私は長期思考のようでも、短期でも儲けてくれないかなと思っている。でもポジションはあまり動かさない(特に今は金銀と金鉱株と航空株と不動産しかないので)。

2014年ぐらいには、もう一度管理人さんのマネにトライするでしょう。
Posted by aa at 2013年01月09日 08:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2019 配当金生活 all rights reserved.