2012年11月01日

2012年10月末の資産状況

日本株式(含REIT)元本3121万3660円、時価4138万9230円。年間予想配当金187万8195円。
中国株(+香港ドル)元本130万円、時価120万8348円。年間予想配当金7万5715円。
外貨建てファンド 元本570万5590円、時価546万9500円。年間予想分配金68万2820円。
FX           元本1097万8497円、時価863万7709円。年間予想スワップ71万5363円。
コモディティ     元本123万0000円、時価237万9670円。

合計         元本5042万7747円、時価5908万4457円。年間予想収入335万2093円。

コモディティから日本株式に少し資金移動したが、それを考慮すると日本株式の前月比が+3.33%。
キャッシュポジションを加えた数字で計算すると
資産全体の前月比が+3.21%。

ジャスダック指数が+1.10%、東証REIT指数が+3.07%。
REITの上げっぷりが今月も凄いのでREIT指数は下回るだろうと思ってたのだが、意外と堅調。
先月置いていかれてた小型配当株にも資金が回ってきたのかな。
ドル高のおかげでFXは不調だが、逆に中国株とファンドはドル高のおかげで好調。

金積み立てだけでコモディティは充分だろうと思ったので、純銀信託ETFを売った。
まぁ少額だし、インカムも無いし。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冬葉さんこんにちは。

テクノアルファ買い増したのですね。
配当株としてはすでに高値圏にあるかなと私は思っているのですが…
Posted by モンド at 2012年11月10日 13:00
モンドさん、こんにちは。
そうですね。現状だと配当27円で株価996円ですから利回り2.71%。
配当株としては魅力が薄いです。
優待のクオカード3000円を加算すれば5.72%ですが、それは100株の場合で。

でも私が買い増ししたときは株価700円だったのですよ。配当利回り3.86%。
買い増し後の買値平均が675円なので、それだとちょうど4%です。
なので、そのタイミングではそれほど割高とは感じませんでした。
(持ち株の中で「成長力を重視した配当株」っていう位置付けです)

配当利回り3%辺りで売るってのが最近の基本方針なのでもう売り頃なのですが、
他の配当株のように5%で買ってるなら3%までの値幅も大きいのですけど、
テクノアルファのように4%で買ったのを3%で売るのでは値幅が小さすぎるなぁと思って
売り時を引き延してます。

ただ、配当も優待も11月一括であり半月後の大幅安はもう目に見えてるわけで、
それを考えると権利前に売るべきかなぁと逡巡してるところです。
なにかの弾みで2%の株価1350円付近まで噴き上がってくれれば即決なんですが(笑)

Posted by 管理人 at 2012年11月10日 14:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.