2012年09月01日

2012年8月末の資産状況

日本株式(含REIT)元本3135万2360円、時価3934万9790円。年間予想配当金185万8949円。
中国株(+香港ドル)元本100万円、時価77万4043円。年間予想配当金6万1821円。
外貨建てファンド 元本577万3590円、時価533万6490円。年間予想分配金68万2820円。
FX           元本1084万7336円、時価897万1428円。年間予想スワップ78万6684円。
コモディティ     元本132万8440円、時価243万3627円。

合計         元本5030万1726円、時価5686万5378円。年間予想収入339万0274円。

日本株式の前月比が+0.92%。
キャッシュポジションを加えた数字で計算すると
資産全体の前月比が+0.15%。

ジャスダック指数が-2.43%、東証REIT指数が+3.06%。
株とFX(豪ドル安)の減少を、REITとコモディティが補ってくれた。
結果的には先月同様の平穏無事な月だった。

中国株はもうそろそろ買い増ししたい。せめて今年中には。
が、上海は連日の安値更新だが香港は別に下げてもいない。
まぁどっちにしろ資金がなくて動けないんだけど。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 16:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私は現在日本株(高配当銘柄中心)とFX(通貨とくに限定なし)をやっている者です。
質問させてください。

質問1. 冬場さんのFXのポジションは豪ドル/円のみでしょうか?
質問2. スワップ目的の場合は、レバレッジは一切かけずにやるべきでしょうか?
質問3. 豪ドル/円であった場合、豪ドルが徹底的に下がってから(○○ショックみたいな事件が起きてから)仕込んで一切利確しないパターンと、下がるかどうかわからないので数円ごとに指値で置いておいて(これも利確はしない)のとではどちらに分がありますか?
質問4. 配当金生活というのは資産は全部投資に回しているのですか?それとも銀行預金なども投資資金と同じくらいあるのでしょうか?
質問5. ドライケミカルは配当予想を引き下げられてしまいましたね…。こういう場合、損切して他の高配当銘柄に乗り換えるのでしょうか?
質問6. 日本株式(含REIT)、中国株(+香港ドル)、FX、外貨建てファンド、ではどれが一番リスクが低いのでしょうか?

よろしくお願いします。
Posted by 青空 at 2012年09月08日 23:52
青空さん、こんにちは。

回答1.「FXポジション」というカテゴリをご覧ください。
古い記事なので現ポジとはやや違いますが、基本方針はそのままです。
回答2.かける必要がなければかけない方が良いと思います。
回答3.五十歩百歩だと思います。
回答4.預金は別にありますが、そんなに多くないです。
回答5.「充分な利益」と「好財務」と「還元意欲」を重要視してます。
その3点が満たされなくなれば退却します。
ドライケミカルは還元意欲の薄さが確認できましたので既に売りました。
回答6.日本株式(REIT以外)だと思ってます。

Posted by 管理人 at 2012年09月09日 01:16
回答1.の追伸
FXの記事を読み返してみたらかなり違うような気もするので、現ポジも書いておきます。
セントラル短資では「AUD/JPYとZAR/JPYのロング」:「SGD/JPYのショート」
カカクFXでは「ZAR/JPYのロング」:「USD/JPYのショート」
外コムでは「AUD/JPYとZAR/JPYのロング」:「USD/JPYとCHF/JPYのショート」
FX資金の大半はセントラル短資にあります。

Posted by 管理人 at 2012年09月09日 01:32
冬葉さん回答ありがとうございます。
過去の記事を1から見ました。
ほとんど書いてあることを質問してしまいました申し訳ありません。

FXのポジションは複数あるのですね。
売買基準が合理的で、無駄がない感じをうけました。
アドレナリン・興奮を求めてしまっているという記事も面白かったです。
ダメだとわかっていても、直る人と、直らない人、直す気が無い人、いろいろいらっしゃるのでしょうね。
お金が絡むと興奮して勝ち逃げ(買った時点で終了)できる人もいないような気もしますし。
”純粋な”配当金目的の投資法ができていれば、興奮のしようが無さそうですね。
Posted by 青空 at 2012年09月09日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.