2012年03月31日

2012年3月末の資産状況

日本株式      元本3034万2460円、時価4021万5700円。年間予想配当金176万7545円。
中国株(+香港ドル)元本100万円、時価93万1734円。年間予想配当金4万4122円。
外貨建てファンド 元本583万9370円、時価575万4240円。年間予想分配金66万6000円。
FX           元本1046万8757円、時価970万6078円。年間予想スワップ98万2762円。
コモディティ     元本127万8440円、時価248万6970円。

合計         元本4892万9027円、時価5909万4722円。年間予想収入346万0429円。

日本株式の前月比が+5.81%。
キャッシュポジションを加えた数字で計算すると
資産全体の前月比が+2.69%。

ジャスダック指数が+4.72%、東証REIT指数が+3.30%。
指数に比べて日本株は好調だが、3月権利取りで高配当株が人気化してたのか?
全体では日本株が孤軍奮闘で、他資産は全て減少。為替の影響と思われる。

予想収入減少は期末の外貨需要の関係でスワップが減る(年末と共に毎年恒例)のと、
世界好配当株オープンがひっそりと分配金減額(30円→20円)したため。

中国株が加わったが、まだ60万円分ぐらいしか買ってないので、利回り約7.4%。
日本株に比べて高配当ではあるが、突拍子も無いほどでもない。
どちらかというと外貨建て資産を増やすのが主目的。
なので香港ドルとまとめた数字で表してる。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.