2012年02月01日

2012年1月末の資産状況

日本株式      元本2980万1280円、時価3603万6880円。年間予想配当金172万0828円。
外貨建てファンド 元本593万0870円、時価543万1330円。年間予想分配金69万3600円。
FX           元本1026万8560円、時価950万9860円。年間予想スワップ94万6482円。
コモディティ     元本125万8440円、時価235万6019円。

合計         元本4725万9150円、時価5333万4089円。年間予想収入336万0910円。

日本株式の前月比が+2.01%。
キャッシュポジションを加えた数字で計算すると
資産全体の前月比が+3.18%。

ジャスダック指数が-0.52%、東証REIT指数が+1.93%。
日経JQ平均は月間で+4.1%(昨日までで10連騰中!)で、
たぶん加重平均型で時価総額の大きな銘柄の動きに影響されやすいJQ指数は
楽天の下げのおかげでマイナスなのだろう。
なので、私の保有してる地味株との比較なら日経JQ平均の方がふさわしい。
そう考えると、マーケットには劣後気味。

4資産全てが増えて悪い気はしないが、反動に注意。
特に外貨建て資産。
増加はドル高のおかげだが、為替は水物だから当てにしちゃいけない。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 15:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>年間予想収入336万0910円。

すばらしいですね(^^)
私も配当金生活を目指しています。
目標にさせていただきますね。
Posted by 96332587 at 2012年02月01日 18:21
着実ですねえ・・・(^^)
Posted by mushoku2006 at 2012年02月01日 20:27
96332587さん、こんにちは。
この程度だとほぼ最低線ですから、
もっと高い目標を目指して頑張ってください。
Posted by 管理人 at 2012年02月01日 20:57
mushoku2006さん、こんにちは。
まぁ、昨年12月以降は地合が良いですからね。

Posted by 管理人 at 2012年02月01日 21:03
素晴らしいですね。
運用成績ももちろんですが、運用元本もすごいです。
いずれも足下にも及ばないので、勉強させてもらいます。
Posted by ひで at 2012年02月04日 15:25
ひでさん、こんにちは。
他の個人投資家の様に趣味や娯楽でやってる訳じゃないので、
どうしても元本は大きめになります。
(逆に、運用で喰ってる人間の範疇では最低線でしょうが)

例えば、テーマパークが好きな人は多いでしょうが、年に100万円も使う人は稀でしょ?
ほとんどの皆さんは、趣味や娯楽に使う金額はある程度に納めてるはず。
ですから、むやみに元本の増加を目指さない方が良いと思います。

Posted by 管理人 at 2012年02月04日 18:13
バランスのとれたPFですね
一つ質問があるのですが、FXで運用されているものは
1677の上場インデックスファンド海外債券毎月分配でカバーしたほうが、単純な通貨よりも債券なのでバランスがいいと思うのですが、検討されたことはないのでしょうか?
もし検討されていて、投資対象から外されたのであればその理由を教えていただければと思います。
私は通貨ヘッジをしていないので、円安に触れたときにヘッジになりますし、債券で運用しているので利息もはいるので面白いと思っています。ETFでコストも低いですし、毎月分配というのも配当生活者にはありがたいです。
Posted by 配当金生活者 at 2012年02月12日 06:48
配当金生活者さん、はじめまして。
FXなのですが、ロングとショートを組み合わせてます。
http://dividend.seesaa.net/article/137729273.html
が、2年前なのでポジ等が今とは違いますが、基本方針が書かれてます。
「FXポジション」というカテゴリで書いてますので、お暇でしたら読んでみてください。
(って、最新記事が1年前ですが(汗))

私はどのくらい為替ヘッジするかを自分で決めたいんですよね。
しかも、FXなら為替ヘッジコストも保有コストもゼロです。
1677も低コストで魅力的な商品だと思いますが、人に運用を任せてる商品
ですからコストゼロにはなりません。
その分、楽ですが。楽した分=支払うコスト。

今が債券を買う時期か?というのも問題です。
債券を買うべき時期というのは10年おきぐらいに来てると思うのですが、
今がその時期とは思えません。
これからは「債券の季節」ではなく「株の季節」だと感じてます。

海外債券だと「債券安」で、しかも「円高」の時期を狙って買わなきゃいけませんが、
この二つが両立するのかっていう疑問もあります。
円高=リスクオフ=株売り=債券高
というのが最近のセオリーなので。
この辺は様子を窺ってます。

>円安に触れたときにヘッジになりますし、

何に対するヘッジでしょうか?
もしも単純に「円安の時に儲かる」って事なら「円高の時に損する」と相殺されて、
別に魅力的なポイントではありません。

>毎月分配というのも配当生活者にはありがたいです。

生活費が自転車操業っていうなら話は別ですが、普通は年に1回まとめての生活費支給でも困らないはずです。
ですから、毎月分配なのは魅力的なポイントにはなりません。
まぁ、安心感はありますけどね。

Posted by 管理人 at 2012年02月12日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.