2010年04月24日

東燃ゼネラル石油

5012東燃ゼネラル石油の今後10年間を配当中心に占ってみる。

エクソンモービル系の石油精製販売会社。

全国にある約4500カ所の「エッソ」「モービル」「ゼネラル」ブランドのサービスステーションを
運営する代理店・特約店(ディーラー)に対して、ガソリン、軽油、灯油などを販売するリテール部、
電力会社・商社などの大手需要家などに対して産業用途の燃料を販売する産業・ホームエネルギー部、
航空燃料販売部、および船舶燃料販売部の4部門からなる。
ただし、業績としては「石油製品事業」と「石油化学製品事業」の2つに分類。

利益。
ここの特殊要因として、「会計上の原油調達コストを原油の積荷時点で認識する」という点がある。
同業他社は到着時点で認識するため、東燃ゼネラル石油だけが1ヶ月ほど早めに認識する。
このため、原油価格上昇はマイナス要因になり、原油価格下落はプラス要因になる。
(他社は逆に、上昇がプラスに、下落がマイナスになる)

さらに、原油価格が上昇するとマージンが低下してマイナス要因になる。下落でプラス。
何処も同じだが、景気悪化で売上げが減少すると、これもマージン低下に繋がってマイナス要因。
為替が円高になればプラス要因だが、円安になればマイナス要因。

つまりだ。「原油価格」「景気」「為替」この3つの動きに翻弄されてしまうので、
利益など予想のしようが無い。
この3つとも、会社が頑張ってどうなるものでもないし、予測出来るものでもないし。
業績予想も出しているが、原油価格や為替が変動しないと仮定したうえでの予想であって、
要するに予想してないのと同じだ。
会社が諦めてるのに、私が予想しても無意味。
ただ、大きく変動するって事は認識しておいた方が良い。

財務。
有利子負債が900億円弱。現金同等物が約7億円。自己資本比率26%。
使い道の無い現金を保有してるのは経営者として恥という、国際的には当たり前の経営をしているので、
このような数字になってる。
まぁ、後ろ盾がエクソンモービルだから、別に心配する事も無いでしょう。

配当政策。
上記の通り、使い道の無い現金は積極的に還元している。
親のエクソンモービルの様子を見れば、子もしっかりと還元しそうだとは思う。
ただ、前期は久々に増配しなかったので、若干のトーンダウンは感じるが。
EPSの変動が激しすぎるので、配当性向は決めようが無いのだろう。

現状が38円配当。最新の四季報に書いてある05年から11年までのEPS(10年と11年は予想値)を、
単純に平均してみると39円になった。
まぁざっくりとした平均だが、当期利益を全還元すると38円配当ってぐらいになるのかな。
そう考えると、利益面と財務面では38円配当でも無理してないわけだ。
ちょうど出せるだけ出してるわけで。余裕もないけど。
気になるのは配当政策だ。
「今後も厳格な収益基準に合致した事業機会がない場合、会社の利益は株主に還元していきたいと
考えております。」と書いてある。
資金の有益な使い道があれば、配当を減らす事も厭わず・・・とも解釈できる。

今までは証券コード順に保有銘柄を予想してきた。本来なら今回は昭和シェル石油の順番だ。
なぜ飛ばしたのかというと、昭和シェル石油の配当半減という大幅減配は、全くの予想外だったから。
すっかりヤル気が無くなった。元から無いけど(^^;
私の予想では、これから石油会社は経費削減で収益を維持という方向で進むだろうと思ってた。
石油という、何れは無くなる衰退産業で、守備固めを続けていくと思ってた。
ところが昭和シェル石油は、太陽電池という大攻勢に出たのだ。
このままジリ貧で終わる気は無いらしい。これが全く予想できなかった。
太陽電池製造という「有益な使い道」が出来た以上、あっさりと配当は半減である。
しかもこれは経営として王道であり、それを予想し得なかった私がバカだ。

王道なのであれば、東燃ゼネラル石油だってやりかねない。
実際、東レと合弁で電池部材の製造を計ってる。
小さくまとまって長生きを目指すのか。それなら今後も38円配当が続くだろう。
新エネルギー会社として生まれ変わるのか。それなら無配でも不思議はない。
たぶん、東燃ゼネラル石油の経営方針というより、エクソンモービルの世界戦略次第なのだろう。
そこまで来ちゃうと、一介の個人投資家が予想したってしかたが無いのだが。

現実的には、利益を生んでる石油事業を放棄するはずはなく、無配は考えにくい。
昭和シェルの半減というのは、かなりの大冒険の資金配分だと思う。
それを参考にすると、東燃ゼネラル石油の配当額としては19円〜38円配当というところかな。
まぁ、予想というより占いとして。


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 21:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ!
石油元売りってやっぱり儲からないですよね!
資源株なら商社株のほうが有利だと思います!
う〜も 今回も見送りですか・・・
Posted by eddydesu at 2010年04月26日 20:01
まぁ、儲かる時は儲かるけど、それは追い風が吹いた時で、
自力で何とかできる部分が非常に少ないと思います。
資源インフレなら商社株を持ってれば追従できますね。
ただ、石油って他の資源とも違う動きをするので、
これはこれで保有意義はあるかなと思ってます。
底値で買えば・・・ですが。
Posted by 管理人 at 2010年04月26日 21:39
私も東燃買って観ました
配当金だけで うはうはです
Posted by aa at 2010年05月16日 19:49
大抵の人は、配当金の事を考えた方が自分に都合が良い時だけ、
配当金の事を考えます。
含み損になっって都合が悪くなれば、もう配当金の事なんか忘れてます。
楽しめる時に楽しむのが良いと思います。
Posted by 管理人 at 2010年05月17日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.