2010年03月26日

東京個別指導学院

4745東京個別指導学院の今後10年間を配当中心に考えてみる。

中高生を中心に個別指導塾を展開。東京が地盤。東海・関西・九州など西日本にも進出。
進研ゼミでおなじみのベネッセコーポレーションが親会社。

売上げのうち、小学部が14%、中学部が42%、高学部が44%。
第3四半期のセグメント別売上げでは、授業料が73.6%、講習会が18.5%、
入会金・設備費が6.5%となっているが、今期から設備費徴収方法が変更になり、
(今までは春に一括して徴収)
そのために入会金・設備費が少ないと思われる。
たぶん、通年では授業料72%、講習会17%、入会金・設備費9%ぐらいか。

利益。
売上高営業利益率は、1999年度9.21%、2000年度13.30%、01年度14.31%、02年度14.43%、
03年度10.26%、04年度は変則決算、05年度12.11%、06年度14.57%、07年度14.36%、
08年度も変則決算、09年度12.93%、10年度3Qまでで7.6%。
今期が会社予想通りなら10.17%。

この数字を見て判るように、景気の動きに2年ほど遅れながら上下し、良い時は14%台、
悪い時は10%ギリギリってところ。
まぁ、典型的な景気循環株。ここに限らず、塾は景気次第。

財務。
有利子負債ゼロ。自己資本比率85.4%。現金及び現金同等物が58.5億円ぐらい。
学習塾銘柄の中でも出色の健全さ。

どうでもよい事だが、有報に載ってる保有有価証券の(株)ラストリゾートってのは、
東証マザーズ上場承認のあと、2006/1/19に公募中止した会社かな?
この2日前にライブドア強制捜査で株価大暴落だった。運が良いのか悪いのか?
保有額が400万円にも満たないので、今のところ東京個別指導学院への影響は無いけど。

配当政策。
前期から「配当性向35%以上」を目標にしてる。
今期予想配当は6円で、会社計画EPS14.45に対して41.5%。
まぁ、普通だ。取り立てて還元意欲がある訳でもないし、ない訳でもないし。


そもそも何故この銘柄を買ったかというと、2-8月決算で高配当銘柄が欲しかったから。
景気敏感株なのが玉にキズだが、財務の優秀さとベネッセの後ろ盾を考えたら、
極端な還元悪化も無いだろうと。
他の学習塾銘柄と違ってFC展開ではなく直営なので、比較的安定してるのも選んだ理由。

少子化の時代に学習塾なんて衰退産業だろうという見方もあるだろうが、
子供を塾に通わせた方が、親の「責任を押し付ける先の選択肢」が増えるというニーズもある。
つまり「国が悪い」だの「社会が悪い」だの「政府が悪い」だの「学校が悪い」だの、
色々な事で色々な相手に責任転嫁をしている。
その中で「ウチの子供が○○なのは、××が悪いからだ」の××に塾も入れる事が出来る。
こうして「親が悪い」というのは誤魔化しやすくなる。
塾通いも、昔は高学歴のメリットがあったが、今はもう無くなりつつある。
なのに塾へ行かせるのは、この誤魔化しやすいというメリットがあるからだ。

各家庭の経済的事情の範囲で、このメリットを享受しようとするので、
塾に通う子供の数は景気次第になる。
景気の変動率に比べれば、子供の減少率なんて誤差でしかない。


さて、10年後の配当だが、たぶん今の6円と大差は無いのではなかろうか。
基本的に景気次第なのだが、例え不景気でも、財務面からみて6円から減配する理由が無い。
過去最高純益の07年度でEPS21.6だから、35%で7.56円。
なので、好景気だと8円ぐらいにはなるかも。
配当6〜8円で、時々記念配が付くって程度で推移すると予想。
まぁ、配当株としては質が悪いので、10年も保有してないだろうというのが正直な予想だが(^^;

この東京個別指導学院で、気になる事がひとつ。
2004年度は大幅減益で最終赤字だったのだが、これは決算期変更で
最大の書き入れ時の夏期講習が含まれなかったせいもある。
だが、決してそれだけではない。
もし通常決算で夏期講習が含まれていたとしても、かなりの業績悪化だったはずだ。
同様に決算期が変更された08年度も、業績が悪化してたはず。
つまり、急激に業績悪化する時に限って、この会社は決算期を変更するのだ。
何故、頻繁に決算期を変更するのか?
なんとなく、胡散臭いなぁ・・・


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 13:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
では ここは辞めておきます・・・
Posted by eddydesu at 2010年03月26日 17:02
今の株価水準なら私も買いませんがね。
景気敏感株は安い時に買わないと、大変な事になりますから。
Posted by 管理人 at 2010年03月27日 01:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.