2010年01月29日

ペパボ(paperboy&co.)

3633ペパボの今後10年間を配当中心に考えてみる。予想でも分析でもなく、占いとして。

ペパボは略称で正確には(株)paperboy&co.だ。
略称と言うより愛称と言うべきか。決算説明会資料を見ると、この会社の「ノリ」が解る。
個人向けレンタルサーバーの会社で、事業内容は
ホスティング事業
 ・ロリポップ(初心者向けレンタルサーバー)
 ・チカッパ(中級者向けレンタルサーバー)
 ・ヘテムル(クリエイター向けレンタルサーバー)
 ・ムームードメイン(ドメイン取得)
 ・プチ(簡単ホームページ開設)
EC支援事業
 ・カラーミーショップ(オンラインショップ構築ASP)
 ・カラメル(ショッピングモール)
コミュニティ事業
 ・JugemKey(総合IDサービス)
 ・ジュゲム(ブログ)
 ・グループチューブ(SNS構築)
がある。
この他に新規事業として
・30days album(オンラインフォトアルバム)
・グーペ(飲食店向け簡単ホームページ制作)
・ログピ(要するにTwitter)
・ブクログ(ブックレビューコミュニティ)
など、非常に多彩に展開してる。
2008年度はホスティングが全売上げの81%、EC支援が12.7%、コミュニティが6.3%。

利益。
ストック型ビジネス。サーバーやドメインや有料ブログなど、サービスのほとんどが
月額いくらの料金体系であり、一度使うと乗り換えも面倒という事で、安定的に儲かる。
売上高営業利益率が20.69%。高いことは高いが、この手の会社ならこんなものか。
06年度が19.76%、07年度が20.36%、そして08年度が20.69%と安定して推移してるが、
その前の05年度は14.45%、更に前の04年度は4.85%だったのを考えると、
軌道に乗ったと見てよいだろう。
ストック型に上乗せする分も進めてる。月額固定だったカラメルを09年4月から従量課金にした。
これで新規の小規模店は参入しやすいし、大規模店からはガッポリ取れる。なかなかの商売上手。

財務。
現預金が12.83億円。有利子負債ゼロ。自己資本比率40.8%という数字はそれほど優秀でもない。
が、これは金が貯まる仕組みが出来てから数年しか経ってないためであり、
これからは3〜5億円/年のペースで現預金が増えていくと思われる。

配当政策。
具体的な配当性向は無い。実績としては配当性向4割強というところで、充分だ。
充分に支払ってるからといって還元意欲があるとは限らない。
出せるから出してるだけかもしれないが、今はまだなんとも言えない。

ペパボの事業を例えるなら、ホスティング事業でネット上の土地を整地し、
EC支援事業で家やビルを建て、コミュニティ事業でインフラ網を築く。そんな感じだ。
ペパボは人工都市の行政機関で、公益会社で、不動産・土建屋でもある。
面積を拡げ、建物を増やし、高く伸びる事で累乗的な拡大を計ってきた。
この中で土地(レンタルサーバー部門)の拡張は、もうそろそろ限界に近づいてる。
参入障壁が低く競合が多いので、それほど大きな余地は無い。隣の街との境が見えてきたわけだ。
だが、「ペパボ・シティ」の中の土地には空き地が多く、上には空しかない。
カラーミーショップで出来た店をカラメルに誘致して、ジュゲムやグループチューブで評判を高める。
土地が拡がらなくても、いくらでも成長していきそうな雰囲気がある。
成長の鍵は街に人が集まるかどうかだが、ペパボの持つ「面白さ」は人を惹きつけると思う。
ペパボ自身、これからの成長ドライバーはEC支援事業だと言ってる。

しかしだ。建物の密度が上がれば住み難くなるのが世の常。人々の不満が高まるはず。
高さだって、余りにも高くなると快適さが失われる。
いつかは限界が来る。単に今はまだ伸び代があるというだけ。
インターネットは大きさが判らないので、ネット関連企業は夢を見やすいが、
妄想も程々にしておかないと痛い目にあう。

さて、肝心の配当だが、2008年度が80円配当、2009年度が100円配当予想。
減損や会計制度変更などの特殊要因を除けば、10年以内に減益というのは考え難いだろう。
成長の鈍化はあるだろうから、そうなれば株価は叩き売られるだろうが。
が、20%増益が5%増益になったからといって減配になるとも思えないので、
09年度予想の100円配当から、増える事はあっても減る事は無いのではないか。
まぁ、控えめに10年後150円前後と占っておく。

リスクとしては、大地震で「ペパボ・シティ」壊滅ってのが最大だろう。
ここのサーバーが何処にあるのか知らないが、何とか無事でいて欲しい。
あぁ、忘れてた。最大リスクは、親がGMOって事かも(^^;


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 11:24 | Comment(2) | TrackBack(1) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ!
ペポバ最近買いました!
若い会社ですが 先を期待しています。

PCが突然壊れてデータがパーになりました。ここの会社のホスティング事業がすばらしいものに見えました!
Posted by eddydesu at 2010年01月29日 12:12
eddydesuさん、コメントありがとうございます。
ペパボは茶目っ気があって、保有してて面白いですね。

データを失うのも、個人なら泣いて諦める場合もあるでしょうが、
会社の事業としてだと致命傷ですから、ペパボには頑張って欲しいところです。
Posted by 管理人 at 2010年01月29日 13:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

鉄道事業の旨みとペパボ〜その1
Excerpt: 「乗る人がいなくて赤字になるなら、乗る客を作りだせばよい。  それには沿線に人の集まる場所を作ればいいのだ。」 阪急グループ創設者、小林一三(いちぞう)の言葉です。 かつての鉄道経営の成功パターン..
Weblog: ろくすけの長期投資の旅
Tracked: 2010-02-11 13:12

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.