2009年12月18日

プラネット

2391プラネットの今後10年間を配当中心に考えてみる。予想でも分析でもなく、占いとして。

メーカーと卸の間の電子データ交換(EDI)が売上げの85%ぐらい。あとはデータベース事業。
大手化粧品日用雑貨8社とインテックが設立。その9社が大株主に並んでる。
1位株主ライオン(16.0%)。2位株主インテック(15.9%)。3〜9位株主が
ユニ・チャーム、資生堂、サンスター、ジョンソン、エステー、日本製紙クレシア、
牛乳石鹸の7社で各4.5%。ここまでが設立に関わった会社。10位株主がP&Gで2.6%。

利益。
設立以来、実質24期連続増収(2002年度の減収は通産省が2001年に多額の補助金を出した反動)。
ここ7期は原価率が下がり続けてる。
当然、営業利益も一本調子で増えてるかと思ったのだが、それほどでもない。
ただし利益の伸びがイマイチな年の次年度には大きく伸びてる傾向があるような。
多分、投資や値下げ等をうまくコントロールしてるのでは無いか。好意的に考えすぎか。
前期は元々設備投資で減益予定だったのが、特損などで減益幅が広がった。
今期予想EPS39.21だが、この数字を疑う気がしない。

財務。
もちろん有利子負債ゼロ。自己資本比率が78.2%。現金同等物が約10億円。
そうそうたる面々が株主に並び、サービスを利用してるメーカー354社、卸473社、
資材サプライヤー168社。もしもプラネットが突然死したら社会的大混乱でしょう。
財務面の不安感も全く無し。
国際復興開発銀行の南アフリカ・ランド建債1200万ランドを保有。笑った(^^;

配当政策。
特に具体的な配当性向は出してない。実際の配当額を見ると現在は40〜50%に見える。
説明会資料には「増配にこだわっていきたい」との社長のメッセージもあり、
適度な内部留保蓄積と増配を両立してくれそう。

設立の経緯を見れば、生まれた時からエリートコースが約束されたような会社で、
さらに現在の「メーカーと卸の間」から「卸と小売の間」に進出しようとしてる。
狙ってるのはドラッグストア業界で、いま化粧品日用雑貨を扱ってるのを考えれば妥当な線だ。
改正薬事法でOTC医薬品販売時の情報提供が義務化。医薬品説明文書データベースを
ドラッグストア業界大手各社に提供してる。これは進出の足がかりになりそうな。
既存の「メーカーと卸の間」でも、ペットフード、OTC医薬品、家庭用品、介護用品、
美容院、文房具、スポーツ用品、園芸用品などへの横展開を目指してる。
そのうえ、EDIサービスを利用してるユーザーでも、発注・仕入れは利用してるが
販売・在庫は利用してなかったりするので、この辺も拡大余地あり。
まぁ、拡大余地があるのと拡大するのとは別だが。

結論。
会社は10年後の売上げ高を35億円±αと見込んでる。
よほどの事が無い限り、この数字通りになるだろう。
売上高純利益率が最近5年間の平均で11.04%。売上げ35億円なら純利益3.86億円。
配当性向40%なら24円、50%なら30円。
予想でも分析でも、ましてや占いでもなく、ズバリとこの数字で良いのではないか。
言い換えれば、会社の出す実績値や予想値を疑う理由が無い、それほど完璧な安定感だ。
ストック型ビジネスの手本の様な会社。
しかもここまで普及してしまえば、シェアが下がる可能性が殆んど無い。
2012年に6回目のセンターマシン入れ替え予定であり、これでさらに原価が下がる。
大地震リスクにはBCP(事業継続計画)として、センターマシンを首都圏に2台、大阪に1台設置。
障害対応訓練を毎年実施して、4回目になる今年は1時間で大阪に切り替えられたそうだ。
死角が無いと見るが・・・


スポンサード リンク
posted by 冬葉ツトム at 17:29 | Comment(4) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冬葉ツトムさん同様、ここのビジネスモデルが気に入っています。玉生社長が発言しているように、急成長は期待できないでしょうが、生きている限り、保有し続けるだけで十分ではないでしょうか。この会社ほど長期投資にぴったりなところは、なかなかないと思います。
Posted by M&R at 2010年01月23日 16:25
M&Rさん、コメントありがとうございます。
プラネットは多分、人の日々の暮らしが単調なのと同じように、
これからも単調にビジネスを続けていくと思います。
プラネット1銘柄だけで、日本のKXIと呼べる銘柄です。
Posted by 管理人 at 2010年01月23日 17:22
 3月19日付けのIRによれば、ファイネットという会社と商品データベースについて、相互連携するようです。
 同社は、酒類・食品業界におけるプラネットのような会社で、出資者には、味の素、日本水産、麒麟麦酒等日本の大手食品・飲料メーカーが名を連ねています。
 今後の展開が楽しみです。
Posted by M&R at 2010年03月22日 18:49
 最初から何ですが、ネットの展開が重〜い。おじさんにはよく分かりませんが、時間帯のせいですかネ?
 ところで、この会社、電力会社とは異なり、それ程、設備投資を必要としないことを考えれば、黙って、ホールドですね。ここは。
 やはり、「日本のKXI」(それ以上を期待して)ということで……。
Posted by M&R at 2011年05月29日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.