2018年12月30日

2018年12月末の資産状況

日本株       元本6139万1400円、時価1億0600万7500円。年間予想配当金391万6366円。
米国株(+米ドル) 元本2374万7326円、時価2423万0618円。年間予想配当金140万4245円。
FX          元本478万5369円、時価502万6670円。年間予想スワップ37万7045円。
貴金属       元本270万0000円、時価395万8576円。年間予想配当金0円。
現金(円)      元本856万6929円、時価856万6929円。年間予想配当金0円。

合計         元本1億0119万1024円、時価1億4779万0293円。年間予想収入569万7656円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REIT、インフラファンドも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
現金(円)とは証券口座内の預り金であり、
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引くように。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:15 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする


2018年12月29日

2018年12月末の米国株式ポートフォリオ

まだ大晦日の1日があるのだが、面倒なので12/29で集計する。

12月の売買。
BTI ブリティッシュ・アメリカン・タバコを買い増し。どこまで続く泥濘ぞ・・・
KHC クラフト・ハインツを買い増し。
WDR ワデル・アンド・リード・ファイナンシャルを全部売却。
景気後退期が訪れるなら、投資サービス会社なんて持ってる場合じゃなかろうと。


年初から11月までの売買は
BCE ベル・カナダを新規買い。
FTS フォーティスを新規買い。
NGG ナショナル・グリッドを新規買い。
PEGI パターン・エナジー・グループを新規買い。

SO サザンを買い増し。
VOD ボーダフォン・グループを買い増し。

AMZN アマゾンを全部売却。
CSCO シスコ・システムズを全部売却。
EMR エマソン・エレクトリックを全部売却。
GOOG アルファベットを全部売却。
IBM アイ・ビー・エムを全部売却。
TAL TALエデュケーションを全部売却。
TSLA テスラを全部売却。
WB ウェイボーを全部売却。
で、市況株と成長株を売って、電力株と通信株を買っていた。
ひたすら防御を固め続けた1年。


成長株を8月に売ったのは、自分を褒めてやりたい。
AMZNは1898.5ドルで売って、現値は1478.02。
GOOGは1236.98ドルで売って、現値は1037.08。
TSLAは360.41ドルで売って、現値は333.87。
WBは79.35ドルで売って、現値は58.84。
TALは34.00ドルで売って、現値は26.78。

しかしNGGを最初に54.40ドルで買ったのは、自分を叱ってやりたい(笑)

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:08 | Comment(0) | 米国株 | 更新情報をチェックする


2018年12月28日

2018年12月末の日本株式ポートフォリオ

PLANTは出店期にあるのだが、好景気の時にじっとしてて、
この不穏な季節に出店を開始・加速するのは、
タイミング的に如何なものかと心配になったので手放した。
で、その代わりにディスカウントストアのミスターマックスを買った。
ちょっと負債が多いのだが・・・・

中電工は現金ジャブジャブで困ってるので、
純資産配当率2.7%目処の方針は守れるんじゃないかと思って。
四季報には「資産の4割が投資有価証券、外債多い」と書いてあるが、
有価証券の殆どは電力会社・金融機関・公的団体・地方自治体などの社債で、
外債も少ししかない。
そう恐れる程のものではないと思う。

新たに電力ガス株を配当利回り3%辺りを基準に買うことにした。
で、沖電と北ガスを買ってみた。
地震リスクも考慮して、列島の両端で。
まだ少ししか買ってないので、2019年内に買い下がる予定。

南陽は6割以上を占める産機事業がシクリカルなので減らした。
その他の売買は配分調整。


1941中電工を新規買い。
8203MrMaxHDを新規買い。
9511沖縄電力を新規買い。
9534北海道ガスを新規買い。

1898世紀東急を買い増し。
2674ハードオフを買い増し。
9422コネクシオを買い増し。
9761東海リースを買い増し。

2317システナを一部売却。
4299ハイマックスを一部売却。
7417南陽を一部売却。
9622スペースを一部売却。

7646PLANTを全部売却。
優待株を2銘柄売却。


という訳で、4増3減の合計56銘柄。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 17:17 | Comment(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2018年12月22日

2018年12月第4週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
EUR/JPY3万S、128.175→126.390、-5→-5
CHF/JPY1万S、113.548→111.722、+5→0
NZD/JPY5万L、77.062→74.613、+30→+30
ZAR/JPY20万L、7.867→7.593、+10→+9
USD/CHF5万L、0.99819→0.99544、+68→+67
EUR/USD2万S、1.13049→1.13603、+76→+79
GBP/USD4万S、1.25786→1.26326、+68→+67
資産残高は4767671円→4777201円。含み損益は+552076円→+381307円。
清算価値は5319747円→5158508円。証拠金維持率546%→540%。実効レバ4.5倍→4.6倍。
スワップは1104円/日→1076円/日。365倍で392740円/年。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 10:48 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする


2018年12月15日

2018年12月第3週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
EUR/JPY3万S、128.521→128.175、-5→-5
CHF/JPY1万S、113.868→113.548、-10→+5
NZD/JPY5万L、77.285→77.062、+27→+30
ZAR/JPY20万L、7.943→7.867、+8→+10
USD/CHF5万L、0.98918→0.99819、+68→+68
EUR/USD2万S、1.14063→1.13049、+75→+76
GBP/USD4万S、1.27416→1.25786、+67→+68
資産残高は4759959円→4767671円。含み損益は+414479円→+552076円。
清算価値は5174438円→5319747円。証拠金維持率530%→546%。実効レバ4.7倍→4.5倍。
スワップは1066円/日→1104円/日。365倍で402960円/年。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:20 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする


2018年12月14日

北越工業

6364北越工業の今後10年間を配当中心に占ってみる。
特に記載のないところは2018年3月期末の数字等を使用している。

エンジンコンプレッサ、モーターコンプレッサ、高所作業車、エンジン発電機、ミニバックホーなどの製造販売。

1938年 「株式会社地蔵堂鋳物工業所」を設立。定置式往復動コンプレッサの製造・販売開始。
1939年 「北越鋳物機械株式会社」に商号変更。
1939年 現在の「北越工業株式会社」に商号変更。
1940年 東京出張所を新設。
1943年 日本海軍の指定工場となり、コンプレッサ大量納入。
1948年 韓国へ大型定置コンプレッサ輸出。輸出の第1号。
1950年 極東米軍へポータブルコンプレッサ200台納入。
1952年 ブランド名「エアマン」採用。
1954年 防衛庁の正式装備コンプレッサに採用。
1955年 国産初のロータリーコンプレッサ完成。小河内ダム建設工事現場で稼働。
1965年 インドへの技術輸出開始。
1966年 南アフリカ連邦(現・南アフリカ共和国)との技術提携調印。ノックダウン工場始動。
1967年 南極観測船「ふじ」にエアマンコンプレッサが積み込まれる。
1968年 中華人民共和国と年間輸出協定調印。
1971年 ディーゼル発電機発売。
1976年 建設会社ネットワークのエアマン会が全国組織に。
1980年 新潟証券取引所に株式上場。
1981年 ミニバックホー(小型油圧ショベル)発売。
1991年 オランダのアムステルダムに現地法人「HOKUETSU INDUSTRIES EUROPE B.V.」を設立。
1993年 「株式会社エーエスシー」を設立。
2000年 東京証券取引所市場第二部に上場。
2001年 「株式会社ファンドリー」を設立。
2003年 「イーエヌシステム株式会社」を設立。
     復盛公司(台湾) と中国で合弁会社「上海復盛埃爾曼機電有限公司」を設立。
2007年 製品ジャンル毎に分かれていた販売会社組織のエアマン会、ARA、ARG、アスカ会を発展的に解散し、
     新「エアマン会」を発足。
2013年 マレーシアのセランゴール州に現地法人「HOKUETSU INDUSTRIES ASIA SDN.BHD.」を設立。
2014年 東京証券取引所市場第一部に指定。
     「HOKUETSU INDUSTRIES ASIA SDN. BHD.」から「AIRMAN ASIA SDN. BHD.」へ社名を変更。
     アメリカのジョージア州に現地法人「AIRMAN USA CORPORATION」を設立。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:20 | Comment(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2018年12月08日

2018年12月第2週のFX

セントラル短資FXダイレクト。
通貨ペア数量LorS、Bid、スワップ(→は先週末から今週末の変化)
EUR/JPY3万S、128.476→128.521、-5→-5
CHF/JPY1万S、113.642→113.868、-10→-10
NZD/JPY5万L、78.050→77.285、+27→+27
ZAR/JPY20万L、8.183→7.943、+9→+8
USD/CHF5万L、0.99875→0.98918、+68→+68
EUR/USD2万S、1.13158→1.14063、+82→+75
GBP/USD4万S、1.27434→1.27416、+68→+67
資産残高は4752645円→4759959円。含み損益は+581492円→+414479円。
清算価値は5334137円→5174438円。証拠金維持率542%→530%。実効レバ4.6倍→4.7倍。
スワップは1026円/日→1066円/日。365倍で389090円/年。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 11:23 | Comment(0) | FXポジション | 更新情報をチェックする


2018年12月01日

2018年11月末の資産状況

日本株       元本6309万0500円、時価1億1575万8700円。年間予想配当金390万0122円。
米国株(+米ドル) 元本2401万8548円、時価2789万1952円。年間予想配当金149万9303円。
FX          元本475万2645円、時価533万4137円。年間予想スワップ38万9090円。
貴金属       元本264万9998円、時価385万1542円。年間予想配当金0円。
現金(円)      元本792万2342円、時価792万2342円。年間予想配当金0円。

合計         元本1億0243万4033円、時価1億6075万8673円。年間予想収入578万8515円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REIT、インフラファンドも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
現金(円)とは証券口座内の預り金であり、
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引くように。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 14:08 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする