スポンサード リンク



2016年11月30日

2016年11月末の日本株式ポートフォリオ

いずれは不動産流動化ならぬ人材流動化時代が来ると思ってるので、
人材関連を増強してみた。
いずれは・・・であって今かどうかは知らない。
これで人材関連は既保有のソーバルと夢真と合わせて5銘柄になった。
日本SHLも入れれば6銘柄か。

アルトナーは技術者派遣。
主に自動車やハイテク系の業界に強い。
嫌でも自動運転やAIやIoTなどのテーマにも絡む。
古参であり実績充分。無借金。増配傾向。
貴重な1-7月決算でもある。

ワールドHDは人材派遣業務請負と携帯ショップとマンデベの異業種3本柱。
マンションデベロッパーというフロービジネスから得た莫大なキャッシュを、
派遣請負というストックビジネスに注ぎ込んでる。
おかげでべらぼうな成長力であり、不動産市況が曇らないうちは続く。
もちろん借金は多く、不動産市況に嵐が来たら破滅。
(その時のための命綱が携帯ショップだが、綱というより紐ぐらいの規模)
期末一括の配当性向厳守型配当なのは嫌だが、目を瞑った。

ソラストは医療関連受託と介護と保育。
医療関連の事務受託と人材派遣で得たキャッシュを、介護保育に注ぎ込んでる。
分散してるように見えて全て政府頼みの一本足打法。国策企業。
競合多数のレッドオーシャンで、懸命に泳いでる。
しかし政府も皆殺しにはしないだろうし、ここは血の海の中で勝ち抜けるんじゃないかと思う。
特に根拠はないが。
上場後の大株主状況が不明なのが心配。大東建託が親なのか?

売却した戸建て住宅会社2銘柄は、資金捻出のためと銘柄数を増やしたくなかったので。


2163アルトナーを新規買い。
2429ワールドHDを新規買い。
6197ソラストを新規買い。

7417南陽を買い増し。
9622スペースを買い増し。

8860フジ住宅を売却。
8904サンヨーハウジング名古屋を売却。

という訳で、3増2減の合計73銘柄。

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2016年11月18日

ティーライフ

3172ティーライフの今後10年間を配当中心に占ってみる。
特に記載のないところは2016年7月期末の数字等を使用している。

健康茶等を主にネットで販売。雑貨の卸も。

インターネットやカタログで健康茶や健康食品や化粧品を販売する小売事業が71.2%。
北欧家具やキッチン雑貨や衣料を輸入販売する卸売事業が28.2%。
倉庫賃貸のその他が0.6%。


1983年 緑茶のティーバッグ加工と通信販売を目的としてティーライフ株式会社を設立
1987年 通信販売部門を分離し株式会社植田茶園(植田伸司75%、ティーライフ株式会社25%出資)を設立
1990年 株式会社植田茶園を株式会社ウエダに商号変更
1992年 株式会社ウエダを解散し、ティーライフ株式会社へ事業統一
1995年 カタログ「四季彩々」を創刊
1998年 「ダイエットプーアール茶」販売開始
2003年 インターネットでの通信販売を開始
     化粧品「炭の露シリーズ」販売開始
2004年 カタログ「Bamboo Cafe」創刊
2007年 カタログ「四季彩々」をリニューアルし、カタログ「Salala今から」創刊
2008年 カタログ「おちゃべり」創刊
     「メタボメ茶」販売開始
2009年 カタログ「Salala今から」カタログ「おちゃべり」を統合・リニューアルし、
カタログ「さらら」創刊
2010年 カタログ「Bamboo Cafe」を「炭の露」に名称変更
2012年 大阪証券取引所JASDAQ市場に株式を上場
     株式会社アペックスの全株式を取得し子会社化
2013年 コラムジャパン株式会社の全株式を取得し子会社化
2014年 東京証券取引所市場第二部に市場変更
     株式会社ダイカイの全株式を取得し子会社化
2015年 ティーライフ株式会社物流センター稼働
2016年 東京証券取引所市場第一部に指定

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 15:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2016年11月01日

2016年10月末の資産状況

日本株式(+円)  元本4703万7569円、時価8071万3809円。年間予想配当金255万2566円。
米国株(+米ドル) 元本2047万9499円、時価2340万7239円。年間予想配当金95万8910円。
中国株(+香港ドル)元本124万9100円、時価163万7358円。年間予想配当金10万7500円。
アセアン株    元本253万6564円、時価229万5479円。年間予想配当金10万0738円。
外貨建てファンド 元本147万6293円、時価144万3119円。年間予想分配金22万3885円。
FX          元本536万3223円、時価487万4847円。年間予想スワップ42万2670円。
貴金属       元本238万1471円、時価354万0707円。年間予想配当金0円。

合計       元本8052万3719円、時価1億1791万2558円。年間予想収入436万6269円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REITも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
中国株とは現状では香港株であるが、本土株を加える可能性もある。
ファンドの分配金は受け取らずに再投資する場合もある。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション総額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2017 配当金生活 all rights reserved. -- Google --