2016年02月29日

2016年2月末の日本株式ポートフォリオ

元々、日本株は内需系(或いは為替の影響薄)銘柄を揃えて円高のダメージを軽減、
対して外貨建て資産は円安のダメージを軽減するという
両睨み(中途半端)なPFの構築方針だったのだが、
昨年辺りから日本株に円安メリットのありそうな銘柄を入れてきた。
それぐらい円安進行を確信してた。
が、直近の情勢を考慮して、これを改め、元の方針に戻す。
という事で、IDECとアルゴは売り、ミューチュアルは格下げした。
高評価なのは変わらないので、次に極左政権が誕生した時に買い戻したい。

そして資金を建設・土木、不動産に振り向けた。
ウエストは業態が色々と変遷して、今は太陽光発電から
省エネコンサル(?)に移ろうとしてる辺り。
変革期でありどうなるかわからないが、
まぁ、35円配当は守れるんじゃないかと根拠の無い期待。
4月からの電力自由化で注目されるかもしれないし。

構造計画は、以前から信用で売買してた銘柄。
私は地震リスクヘッジ用として買ってただけなのだが、
最近は「5G関連」という話で乱高下してる。
中間期は赤字が普通の銘柄だが、なのに中間配当を始めたのは、
余程業績に自信があるのかなぁと思ったのと、
あまりの乱高下で信用では保有し難いので現引きした。

社宅サービスは社宅とマンションの管理。
今更リロHDとかベネフィットワンとか買えないので、劣化した代替として。
(でも優秀な投資家は、ここからでも買うんだよなぁ・・・・)
マザーズ上場とは思えないような業績も株価もモッサリした銘柄だが、
DOE基準の配当は守れると思うので。

サンヨー名古屋は以前も持ってたが、2年ぶりに買い戻した。
配当利回り4%なら、もう買い始めても大丈夫かなぁと。

1407ウエストHDを新規買い。
4748構造計画研究所を新規買い。
8904サンヨーハウジング名古屋を新規買い。
8945日本社宅サービスを新規買い。

2773ミューチュアルを部分売却して優待株に格下げ。

6652IDECを売り切り。
7595アルゴグラフィックスを売り切り。

という訳で、4増2減の合計76銘柄。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 17:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする

-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2019 配当金生活 all rights reserved. -- Google --