スポンサード リンク



2015年12月31日

2015年12月末の米国株式ポートフォリオ

12月になって節税損切りに励んでいたところ、
KMIを損切りしたら減配の情報が入ってきた。
で、買い戻すのを止めた。
その資金でシェブロンを買い戻した。
やっぱりオイルメジャーですよ←節操ない(笑)

更にテレフォニカを損切りして、
代わりにボーダフォンを買った。
テレフォニカは、欧州債務危機からのV字回復も
ある程度は期待してたのだが、サッパリで。
だったら王道のボーダフォンで良いかなと。

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 17:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 米国株 | 更新情報をチェックする


2015年12月30日

2015年12月末の日本株式ポートフォリオ

5-11月決算銘柄の増強に努めてた。
TONEは自動車工具の会社。スパナとか。
昔、前田金属工業って名前の時に保有してた銘柄で懐かしい。
市況次第は否めないが、不況でも大赤字までは無かろうと。
仮に赤字でも無配は無かろうと。
昔は18円配当もあったしね。

佐鳥はルネサスの半導体をキヤノンに売る会社。
IoTの拡がりの恩恵を期待するが、基本的に成長力に乏しい。
それだけに出来るだけ下値で買いたいところを、
下方修正で投げてくれた人ありがとう。

アルゴは自動車のCADシステム。
ここは保守サービスが鉄板なので、
自動車なんていう景気次第な業種が相手でもかなり安定した業績。
昔からバリュー株として有名で、いつかは買いたいと思ってた。

宝印刷は以前から100株だけ持ってたが、増配で配当株に昇格。
まぁ、IRは国策ですから。
これも含めて今月は、割と市況に揺さぶられ易い銘柄を敢えて買ってみた。
自分でもタイミングが悪い様な気がする。

日本ハウスは減配したので売った。
IT4は好きな銘柄だが、配当未定が2Qでも未定のままだったので。
前期と同額の15円配当以上は確信してるが、
株主フレンドリーじゃないので早めに売った。

5967TONEを新規買い。
7420佐鳥電機を新規買い。
7595アルゴグラフィックスを新規買い。

7921宝印刷を買い増しして優待株から配当株に昇格。

1873日本ハウスHDを売却。
4743アイティフォーを売却。

という訳で、3増2減の合計73銘柄。

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2015年12月07日

システナ

2317システナの今後10年間を配当中心に占ってみる。
特に記載のないところは2015年3月期末の数字等を使用している。

モバイル向けを中心にソフト開発・保守・運用を行ってる。
・ソリューションデザイン事業が売上げの31.8%。←IT系ソフトウェアの開発。
(うち、サービスソリューション事業が20.4%、クオリティデザイン事業が11.5%)
・フレームワークデザイン事業が11.5%。←金融系システム開発
・ITサービス事業が13.9%。←IT系システム保守・運用。
・ソリューション営業が41.1%。←ハードウェアの販売・保守。
・クラウド事業が1.2%。←いわゆるクラウドサービス。
・コンシューマサービス事業が0.7%。←SNSゲーム。
・海外事業が0.3%。←バンコクで「ぐるなび」的なアプリを提供中。

システムプロ
1983年 ヘンミエンジニアリング株式会社を設立。
1984年 株式会社システムプロに商号変更。
1988年 日本初の対戦型オンラインゲーム「麻雀クラブ」の開発に成功。
1990年 パソコン、ワークステーションの業務用アプリケーションソフト受託を開始。
1996年 通信系ファームウェアの業務知識を活かし、移動体端末ソフト開発部隊を編成。
1997年 インターネット上でのオンラインゲームサイトを構築、サービスを開始。
2000年 携帯電話向けコンテンツ開発販売チームを編成。
2002年 大阪証券取引所ナスダックジャパン市場に上場。
2004年 東京証券取引所第二部に上場。
2005年 東京証券取引所第一部に指定替え。
2007年 カテナ株式会社と資本・業務提携(持分法適用関連会社化)。

カテナ
1968年 神奈川県川崎市に株式会社カテナビジネスサービスを設立。
1985年 カテナ株式会社に商号変更。
1986年 日本証券業協会に店頭登録(証券コード9815)。
1991年 東京証券取引所市場第二部に上場。

システナ
2010年 カテナ株式会社を合併し商号をシスプロカテナ株式会社とする。
2010年 商号を株式会社システナに変更。
2013年 Systena (THAILAND) Co.,Ltd.をバンコク市に設立(連結子会社化)。
2013年 日本初の「TIZEN」を搭載した10.1インチ タブレットの開発に成功。
2013年 Systena America Inc.をカリフォルニア州に設立(連結子会社化)。
2014年 Systena Vietnam Co.,Ltd.をハノイ市に設立(連結子会社化)。

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2015年12月01日

2015年11月末の資産状況

日本株式(+円) 元本4391万0004円、時価7389万5810円。年間予想配当金230万2066円。
米国株(+米ドル) 元本1906万6678円、時価2339万9882円。年間予想配当金109万5265円。
中国株(+香港ドル)元本103万4415円、時価199万8274円。年間予想配当金11万4333円。
アセアン株    元本275万3345円、時価264万2007円。年間予想配当金12万8622円。
外貨建てファンド 元本392万1170円、時価421万5150円。年間予想分配金52万5600円。
FX        元本526万8295円、時価541万8638円。年間予想スワップ56万5750円。
貴金属      元本193万9349円、時価300万1528円。年間予想配当金0円。

合計       元本7789万3256円、時価1億1457万1289円。年間予想収入473万1636円。

あくまでも毎月最終営業日の夕方の数字であって、
外国株や為替などは正確な月末の数字ではない。
(ただし最終営業日の翌日が土日祝日の場合は例外もあり)
日本株にはJ-REITも含まれる。
米国株とは米国上場銘柄という意味であり、
英国やカナダ等に本社のある銘柄も含まれる。
中国株とは現状では香港株であるが、本土株を加える可能性もある。
FXの時価とは元本+含み損益であり、ポジション額ではない。
いわゆる生活防衛資金は含まれていない。
予想配当や分配金やスワップは、税引き前の数字であり、
税引き後が知りたければ勝手に2割ほど引けば良い。

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする


- Yahoo! -- Yahoo!カテゴリ - Copyright(C) 2009-2017 配当金生活 all rights reserved. - Google -- dmoz -