2015年07月01日

2015年6月末の米国株式ポートフォリオ

昨年末に掲げた
>現在の高配当を重視しつつ、将来の増配にも期待し、
>国・地域や業種のバランスに配慮しながらも、
>あまり銘柄を増やしてコレクション化しないように。
という方針の元、こうなった。

ARCC エイリス・キャピタル
BP  BP(ADR)
CSCO シスコシステムズ
CVX  シェブロン
GE  ゼネラル・エレクトリック
GSK  グラクソ・スミスクライン(ADR)
JNJ  ジョンソン・エンド・ジョンソン
KMI  キンダー・モルガン
KRFT クラフト・フーズ
LMT  ロッキード・マーチン
MO  アルトリア・グループ
NYCB ニューヨーク・コミュニティ・バンコープ
PFF  iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド
PG  プロクター・アンド・ギャンブル
PM  フィリップ・モリス
POT  ポタシュ・コーポレーション・サスカチワン
PPL  パシフィック・パワー・アンド・ライト
RAI  レイノルズ・アメリカン
RCI  ロジャース・コミュニケーションズ
SO サザン
T  AT&T
TEF  テレフォニカ(ADR)
TLN  タレン・エナジー
UL  ユニリーバ(ADR)

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 15:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 米国株 | 更新情報をチェックする

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.