2014年03月01日

2014年2月末の資産状況

日本株式(含REIT)元本3639万2216円、時価5696万6800円。年間予想配当金193万1038円。
米国株(+米ドル) 元本1212万5709円、時価1188万0507円。年間予想配当金55万9212円。
中国株(+香港ドル)元本184万9303円、時価206万5283円。年間予想配当金28万9556円。
外貨建てファンド 元本670万6350円、時価769万5310円。年間予想分配金99万1600円。
FX           元本551万3387円、時価549万8007円。年間予想スワップ72万6350円。
金+金鉱株     元本212万9428円、時価324万2207円。年間予想配当金2万4449円。

合計         元本6471万6393円、時価8734万8114円。年間予想収入452万2205円。

ジャスダック指数が-3.72%、東証REIT指数が+0.50%。

日本株は下落して売り基準から離れていくが、かと言って買い基準にも遠く。

米国株はPMフィリップ・モリスを新規買い。
配当利回り4.5%から買い下がれば良かろうかと。
AT&TとP&Gとアルトリアとレイノルズアメリカンを買い増し。
日本株と対照的に買い基準に達してる銘柄だらけなのでもっと買いたいのだが、
いかんせん資金がない。

中国株はシンデレラメディアが期末配と同時に株式配当(?)を発表。
シンデレラ100株に付き、1010プリンティン(01127)という
変な名前の印刷会社の株を139株くれるらしい。
こういうのが初めてなのでよく解らないのだが。
マネックスがどう扱うかも解らないので、今集計では加算してない。
この代わりに特配がないので中国株の配当額はそれなりに減少。
因みにプリンも6%近い高配当なので、もしもらえたなら継続保有もあり得る。

ファンドの分配金が増えてるのはスイス・グローバル・リーダー・ファンドの
基準価額が上昇してるために推定値も連動させたから。

FXのスワップも増えたのはトルコの金利上昇で。

金は1300ドル台まで来たのでニューモントマイニングの配当も年0.8ドルで計算。


posted by 冬葉ツトム at 12:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.