スポンサード リンク



2011年12月31日

2011年12月末の資産状況

日本株式      元本2955万4260円、時価3495万8900円。年間予想配当金172万0614円。
外貨建てファンド 元本598万8670円、時価518万4070円。年間予想分配金69万3600円。
FX           元本1019万5612円、時価905万0342円。年間予想スワップ94万5021円。
コモディティ     元本124万8440円、時価212万3222円。

合計         元本4698万6982円、時価5131万6534円。年間予想収入335万9235円。

日本株式の前月比が+4.08%。
キャッシュポジションを加えた数字で計算すると
資産全体の前月比が+2.78%。

ジャスダック指数が+3.15%、東証REIT指数が-1.50%。
日本株式は頑張った。
ファンドやFXもそれなりに好転。
反面、コモディティは大幅安。

年初来のパフォーマンスは、日本株が-3.06%、資産全体が-7.28%。
ジャスダック指数が年初来-7.99%、東証REIT指数が年初来-26.21%!、
S&P500指数がほぼ横ばい、USD/JPYが約5.2%円高、EUR/JPYが約8.3%円高なのを考えると、
健闘したような気もするが、どっちにしろマイナスでは(笑)
1〜2月頃にREITを戦略的に減らしたのでインカム減収は覚悟してたのだが、意外と微減で済んだ。
株式の増配傾向がカバーしてくれたようだ。



スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 17:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする


2011年12月30日

2011年12月末の日本株式ポートフォリオ

日本管理センターは売り基準に達したので売却。
コンドーテックは利回り低下と、分割が意味不明
(既に東証1部だし、1単元も高額じゃないし)
なのが気に入らないので部分売却。
資金が出来たので盛大に買い増し。

なんとなく2002-2003年のパターンを想定してるのだが、
そうだとすると小型株は今月が最後の買い場。
(大型株は3月か5月にもう一押し)
もちろん想定が外れても困らないが、
逆に想定が当たったら今買っておかないと困る。

1909日本ドライケミカルを買い増し。
2445SRGタカミヤを買い増し。
2475WDBを買い増し。
3770ザッパラスを買い増し。
7608SKジャパンを買い増し。
7619田中商事を買い増し。
9422ITCネットワークを買い増し。
9980マルコを買い増し。

7438コンドーテックを部分売却。

3276日本管理センターを売却。

という訳で、1減で合計98銘柄。

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2011年12月09日

マルコ

9980マルコの今後10年間を配当中心に占ってみる。

体型補整下着を販売。マルコはメイキングランジェリーと呼んでる。化粧品も。
伊藤忠商事の持分法会社。

ファンデーション・ランジェリー部門が売上高全体の93.3%。
ボディケア化粧品・下着用洗剤部門が9.31%。
健康食品部門が0.95%。
要するに体型補整の下着と化粧品とダイエット食品なので、ほぼ単一事業と思ってよい。

1978年 繊維製品の製造及び販売を目的としてマルコ株式会社を設立
1983年 子会社九州マルコ株式会社(合併時社名 マルコ熊本株式会社)を設立
1985年 マルコ商事株式会社(旧 アフターサービス株式会社)設立
1987年 マルコ栃木株式会社(旧 マルコアフター東日本株式会社)設立
      マルコ西埼玉株式会社(旧 ヤマトテキスタイル株式会社)設立
1991年 販売会社19社から110店舗の営業譲渡を受け、卸売より顧客直接販売への移行開始
      合併(マルコ本社株式会社、マルコ熊本株式会社、マルコハウジング株式会社)
1994年 日本証券業協会に株式を店頭登録
1996年 大阪証券取引所市場第二部に上場
1998年 ボディケア化粧品「アクセージュ」の販売を開始
      シルク専用洗剤、ボディケア化粧品「ポー・ド・ランジェ」の販売を開始
2004年 アフターサービス株式会社・マルコアフター東日本株式会社をヤマトテキスタイル株式会社に合併
2006年 子会社ヤマトテキスタイル株式会社を吸収合併
2007年 健康食品(ダイエット代替食など)の販売を開始

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年12月01日

2011年11月末の資産状況

日本株式      元本2930万7260円、時価3367万7460円。年間予想配当金170万3134円。
外貨建てファンド 元本616万4170円、時価512万2540円。年間予想分配金69万3600円。
FX           元本1009万8756円、時価885万3945円。年間予想スワップ107万5363円。
コモディティ     元本123万8440円、時価237万1007円。

合計         元本4680万8626円、時価5002万4952円。年間予想収入347万2097円。

日本株式の前月比が-2.37%。
キャッシュポジションを加えた数字で計算すると
資産全体の前月比が-2.69%。

ジャスダック指数が-4.11%、東証REIT指数が-6.11%。
指数に比べればかなりマシだが、マイナスでは褒められた話じゃない。

日本株の元本が減ってるのは節税クロス取引のため。
ファンドの元本が減ってるのはアジアエクイティインカムファンドを売ったから。
商品設計的に一旦下げちゃうと回復力が劣るはずなので。実験終了。


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2017 配当金生活 all rights reserved. -- Google --