スポンサード リンク



2011年11月30日

2011年11月末の日本株式ポートフォリオ

P&Pは子会社の粉飾が発表されたところで薄利売却。
粉飾額も少ないし、親が発見して公表してるのだから
売るほどの事でもないと思うのだが、
先月信用買いした日本管理センターの現引き資金が
欲しかったというのが正直なところ。

その日本管理センターだが、賃貸管理も建築もリフォームも
全てフランチャイズなパートナーにまかせて、
それらや物件オーナーとの間の橋渡しに専念してる。
土地活用銘柄は他にもたくさん上場してるが、
ここが最も美味しいビジネスな感じ。

その他は色々と買い増ししてるが、
今なら何を買っても負ける気がしない(笑)

3276日本管理センターを新規買い。

2445SRGタカミヤを買い増し。
3770ザッパラスを買い増し。
7608SKジャパンを買い増し。
7819SHO-BIを買い増し。

2426P&Pを売却。

優待株を1銘柄新規買い。

という訳で、1増で合計99銘柄。

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2011年11月18日

エスケイジャパン

7608エスケイジャパンの今後10年間を配当中心に占ってみる。

ゲームセンターの景品の企画・販売。雑誌付録や企業の販促品。小売にも進出。
以下、2011年中間期について。

セグメント区分だが、1Qから従来の卸売事業が
「キャラクターエンタテインメント事業」と
「キャラクター・ファンシー事業」(ディスカウントストア等にキャラクター商品の販売)に、
小売事業が「リテイル事業」(「ナカヌキヤ」と「SALAD BOWL」各3店舗)に変更された。

さらに「キャラクターエンタテインメント事業」は
「アミューズメント部門」(アミューズメント施設にキャラクター商品の卸)と
「SP(セールスプロモーション)部門」(販促用ノベルティグッズの販売)と
「EC(イーコマース)部門」(ネットショップ)に細分される。

全売上高のうち、「キャラクターエンタテインメント事業」が57.2%、
(「AM部門」が44.5%、「SP部門」が11.4%、「EC部門」が1.2%)
「キャラクター・ファンシー事業」が32.7%、
「リテイル事業」が10.2%。

1989年 大阪市天王寺区にて(株)エスケイジャパンを設立
1990年 キャラクター商品等の卸販売を開始する
1992年 東京営業所を開設と同時に、アミューズメント業界に販売を広げる
       仕入部門を分離し企画製造・輸入会社サムシング(株)を設立
1993年 卸売り部門を分離し、カタログ通信販売会社(株)サンエスを設立
1996年 輸入業務拡大のため香港駐在所開設
       仕入部門社内統合のため、サムシング(株)を吸収合併
1999年 大阪証券取引所新市場部に第一号として株式上場
2001年 大阪証券取引所市場第二部銘柄に指定
       (株)イメージライフと営業譲受け契約および業務提携契約を締結
2002年 電子玩具・電子雑貨の企画開発力強化のため、(株)ケー・ディー・システムを設立
2003年 東京証券取引所市場第二部に上場
2004年 東京証券取引所ならびに大阪証券取引所第一部銘柄に指定
2005年 (株)ナカヌキヤが中川無線電機(株)よりナカヌキヤ店舗の運営に関する営業権を譲り受ける
2008年 (株)ナカヌキヤにおいて、家電販売から撤退
2009年 アメリカ・カリフォルニア州にSKJ USA, INC.を設立

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:18 | Comment(9) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年11月11日

似たもの同士

年末も近づいてきたので、最近は節税のためのクロス取引に励んでる。
例年は12月にやってたのだが、なんとなく今年は11月から。
含み損の銘柄を売って損失確定して買い戻してるわけだが、
普段の売買のように細心の注意を払う事もなく、非常に楽である。
なにしろ、損が大きいほど得をするのだから。
薄い買い板に盛大な成売りをぶつけて暴落させたとしても痛くも痒くもない。

「こんな地味株、欧州債務も円高もオリンパスも関係ないだろうに、なんで下げてんだよ・・」
とお嘆きのあなた、ひょっとしたら傍若無人な個人投資家一人の節税対策が理由かもしれない。
まぁ私は無茶しない様に気を付けてるし、多銘柄分散で1銘柄分が少額なので大勢に影響はないのだが。

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする


2011年11月01日

2011年10月末の資産状況

日本株式      元本2953万7860円、時価3458万3900円。年間予想配当金169万4552円。
外貨建てファンド 元本654万2650円、時価570万4970円。年間予想分配金71万5200円。
FX           元本1001万6728円、時価911万6268円。年間予想スワップ101万6634円。
コモディティ     元本122万8440円、時価239万6275円。

合計         元本4732万5678円、時価5180万1413円。年間予想収入342万6386円。

日本株式の前月比が+1.72%。
キャッシュポジションを加えた数字で計算すると
資産全体の前月比が+3.31%。

ジャスダック指数が-0.08%、東証REIT指数が-2.84%。
日本株は先月に続いて意外と頑張った。
と言うか、4資産共にプラスだった。
ファンドとFXとコモディティのプラスはドル安のおかげ。

が、そんな事より問題なのは予想収入の減少。
ファンドの減少はDIAMワールド・リート・インカムの分配金が35円→25円に減額されたため。
これでもタコ足なんだから、せめて20円にして欲しかった。


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする


-- Yahoo! -- Copyright(C) 2009-2017 配当金生活 all rights reserved. -- Google --