スポンサード リンク



2011年04月30日

2011年4月末の資産状況

日本株式      元本2964万5460円、時価3655万8320円。年間予想配当金172万4948円。
外貨建てファンド 元本462万2465円、時価474万0715円。年間予想分配金50万5800円。
FX           元本1133万4526円、時価1159万6294円。年間予想スワップ111万6097円。
コモディティ     元本121万1780円、時価229万1866円。

合計         元本4681万4231円、時価5518万7195円。年間予想収入334万6845円。

これにキャッシュポジションを加えた数字で計算すると
日本株式の前月比が-2.21%(ただし、ファンドに資金移動した分を考慮すると-0.05%)。
資産全体の前月比が+1.38%。

ジャスダック指数が+0.00%、東証REIT指数が+1.72%なのを考えると、やや寂しい数字。
と言っても、4資産共に含み益になった。
REIT&日本株から外貨建てファンドへの資金移動も地道に進めてる。
収入が増えてるのは、FXでZAR/JPYのロングポジを追加したのでスワップが増えたため。

目立たないが、純銀信託ETFが3ヶ月で2倍近い上昇ってのは凄い。
それに比べるとゴールドは今ひとつ伸びない。

さて、毎年GW明けは相場が急変する事が多いけど、今年は何がどちらへ動くんでしょうねぇ・・・・



スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 14:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする


2011年04月29日

2011年4月末の日本株式ポートフォリオ

伊藤園優先株を配当株にしたのは、茶葉と水なら国内で自給できるので
世界的な食料高騰に巻き込まれないで済むかなぁという妄想。

KTKの売却は、収益が心許ない感じがしたから。
本当は先月、ワイズマンと東京リスマチックと共に売りたかったのだが、
板が薄過ぎて売れなかった(笑)

ゲンダイAGは、毎年のように業界自粛が起きるのが嫌になった。
「逆にプロシップのように恒常的に特需が発生する会社もあるのに・・」
と考えると、ゲンダイAGを保有してるのが馬鹿馬鹿しく。

25935伊藤園第1種優先株式を買い増し。
(優待株として100株だけ保有してたが、買い増しして配当株に昇格させた)
7438コンドーテックを買い増し。
7466SPKを買い増し。
7533グリーンクロスを買い増し。
9422ITCネットワークを買い増し。
9436沖縄セルラー電話を買い増し。

2499日本和装HDを部分売却。
5967前田金属工業を部分売却。
3269アドバンス・レジデンス投資法人を部分売却。

2411ゲンダイAGを売却。
3035KTKを売却。

という訳で、2減で合計92銘柄。

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2011年04月22日

ピーアンドピー

2426ピーアンドピーの今後10年間を配当中心に占ってみる。

流通業への営業人材派遣・請負。棚卸サービスも。携帯電話業界や家電業界が得意先。
ピーアンドピーとはPOWER & PERSONの略らしい。
2010年度末の数字だが、セグメント別で人材派遣事業が69.2%、アウトソーシング事業が30.8%。

カテゴリー分野別で
「モバイル・デジタル(電話・通信・デジカメ・TV・PCなど)」が46.6%、
「ストアサービス(生鮮技術者・試食デモ・レジなど)」が15.0%、
「人材サービス(金融機関のカード加入促進・コールセンターなど)」が28.4%、
「棚卸サービス(店舗や倉庫の商品棚卸代行業)」が10.0%。
地域別だと東日本が68.4%、西日本が31.6%。

1987年 販売促進活動支援を目的として株式会社ピーアンドピーを設立
1989年 派遣事業に対応するため、特定労働者派遣事業の認可を取得
1992年 関西地区への事業拡大のため株式会社ピーアンドピー(大阪)を設立
1997年 有限会社ピーエスピーを設立
2000年 一般労働者派遣事業の許可を取得
2002年 有限会社ピーエスピーを株式会社フロスに組織・商号変更
      株式会社ピーアンドピー(大阪)と合併し、大阪支社を開設
2003年 九州地区への事業拡大のため、株式会社パートナーズ・ジャパンと業務提携
      事業分野拡大のため、有料職業紹介事業の許可を取得
2004年 株式会社パートナーズ・ジャパンと合併し、九州支社を開設
      ジャスダックに株式上場
2005年 GMS・CVSへの人材サービス事業拡大のため、株式会社ラスコーポレーションを子会社化
2006年 株式会社ラスコーポレーションと合併
2007年 株式会社フロスを株式会社ピーアンドピーコンシューマーズに商号変更
      棚卸代行サービス事業部門を分社化(株式会社ピーアンドピー・インベックス設立)
      株式会社ピーアンドピー・インベックスが株式会社インベックス・パートナーズと合併
2008年 携帯ショップへの人材派遣事業拡大のため、株式会社ジャパンプロスタッフを子会社化
2009年 株式会社プレミア・スタッフを子会社化
      株式会社プレミア・スタッフを株式会社ピーアンドピー・キャリアに商号変更
      株式会社ピーアンドピーコンシューマーズを吸収合併
      台湾で子会社のピーアンドピー・インベックスが棚卸事業会社を設立

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年04月15日

日本上下水道設計

2325日本上下水道設計の今後10年間を配当中心に占ってみる。

上下水道のコンサルティング会社。他の環境関連にも注力中。殆んどが官公需要。
売上げ(販売)のうち水道が33.9%、下水道が57.2%、環境・その他が8.9%。
国内の地域別では中部が20.0%、関東14.8%、九州8.6%、北海道8.5%、近畿6.0%、
中国5.8%、東北3.7%、四国2.1%で合計して69.5%。
海外の地域別ではアジア・オセアニア17.0%、アフリカ5.4%、中東4.6%、中南米2.9%、
北米0.6%で合計して30.5%。

1951年 日本ヒューム管株式会社の子会社として設立
      (現在は5262日本ヒューム株式会社の持分法適用会社)
1974年 株式会社ニットーコンサルタント(現連結子会社エヌジェーエス・イーアンドエム)を設立
1976年 海外業務を目的として海外部(現国際事業本部)を設置
1982年 フィリピン・マニラ市にマニラ事務所を設置
2000年 海外部門を分割して株式会社エヌジェーエス・コンサルタンツ(現連結子会社)を設置
2001年 株式会社エヌジェーエス・デザインセンター(現連結子会社)を設置
2002年 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2003年 米国にNJS CONSULTANTS.INC.(現連結子会社)を設立
      NJS CONSULTANTS.INC.がB&E ENGINEERS(現連結子会社)を買収
2008年 愛知県名古屋市昭和区に学生専用賃貸マンション「WELLコート山手」を建設

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 15:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年04月08日

NECフィールディング

2322NECフィールディングの今後10年間を配当中心に占ってみる。

コンピュータ保守会社。名前の通り、NECグループの一員。
NEC向けの売上げは55.1%で、NECグループ向けだと7割に上る。

「プロアクティブ・メンテナンス事業」が保守・修理サービスで売上高の51.3%。
「フィールディング・ソリューション事業」がITシステムの導入・運用支援やサプライ販売で48.7%。

1957年 日電不動産株式会社を設立(不動産業務と損害保険代理店業務)
1958年 電気・通信機器の設計製図業務を開始
1960年 社名を「日本電気技術協力株式会社」と改称
1962年 電子計算機保守業務を開始
1966年 社名を「日本電気エンジニアリング株式会社」と改称
1973年 社名を「日本電気フィールドサービス株式会社」と改称
      コンピュータ用品の販売業務を開始
1975年 ソフトウェアメンテナンス業務を開始
1982年 ネットワーク事業開始
1991年 ソリューションサービス事業を開始
2000年 「NECカスタマサービス株式会社」と合併し、社名を「NECフィールディング株式会社」と改称
2002年 「エヌデック株式会社」の全株式を取得
      東京証券取引所第一部に株式を上場
2005年 中国・北京に合弁会社「NEC飛鼎克信息技術服務(北京)有限公司」を設立
      100%出資子会社「フィールディングサポートクルー株式会社」を設立
2007年 100%出資子会社「フィールディングシステムテクノロジー株式会社」を設立

続きを読む


スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 15:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2011年04月01日

2011年3月末の資産状況

日本株式      元本3041万3395円、時価3746万4980円。年間予想配当金175万6736円。
外貨建てファンド 元本378万2445円、時価380万0660円。年間予想分配金41万7600円。
FX           元本1122万7267円、時価1107万1783円。年間予想スワップ96万8728円。
コモディティ     元本120万1780円、時価212万4374円。

合計         元本4662万4887円、時価5446万1797円。年間予想収入314万3064円。

これにキャッシュポジションを加えた数字で計算すると
日本株式の前月比が-3.93%。
資産全体の前月比が-1.87%。

ジャスダック指数が-6.68%、東証REIT指数が-4.74%なのを考えると、頑張りすぎだ。
日本株式の元本が減ってるのは外貨建てファンドに移したから。
これは以前からの計画通りで、震災に対応したわけじゃない。

その外貨建てファンドとFXとコモディティは、月末の急円安で大きく改善した。
おかげで日本株式の悪化を多少はカバーできた。
が、あれだけの大災害があって、それでこの程度の悪化で良いのか・・・という気がしないでもない。
これからとんでもない事が起きるのだろうか?

まぁ、含みが増えようが減ろうがどうでもよいのだが、収入が激減したのは問題だ。
ほとんどはFXのロングポジションを震災直後に少し減らしたのが原因。
(おかげで3/16〜3/17の為替相場激変時でも数%の変動で済んだ)
なので、またポジを増やせば収入も増えるのだが、安易に増やさないように気をつけたい。




スポンサード リンク



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

posted by 冬葉ツトム at 16:40 | Comment(11) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする


- Yahoo! -- Yahoo!カテゴリ - Copyright(C) 2009-2017 配当金生活 all rights reserved. - Google -- dmoz -