2011年03月31日

2011年3月末の日本株式ポートフォリオ

去年からの課題であるREIT削減と、脱・東京で地方分散強化と、
地震に強そうな銘柄の買いを進めた。
要は先月までやってた事を、さらに今月も行なっただけ。
あれだけの大災害があったのに、なんの工夫もなし(汗)

ワイズマンと東京リスマチックは収益と財務が心細かったので売った。
高配当に目が眩んだ感もあり、損はしなかったが反省すべき。

2325日本上下水道設計を新規買い。

2311エプコを買い増し。
5187クリエートメディックを買い増し。
7533グリーンクロスを買い増し。
8130サンゲツを買い増し。
9381AITを買い増し。
3227MIDリート投資法人を買い増し。
8977阪急リート投資法人を買い増し。

8955日本プライムリアルティ投資法人を部分売却。
8956プレミア投資法人を部分売却。

3752ワイズマンを売却。
7861東京リスマチックを売却。
8954オリックス不動産投資法人を売却。
8957東急リアル・エステート投資法人を売却。

という訳で、1増4減で合計94銘柄。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:38 | Comment(5) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | 更新情報をチェックする


2011年03月26日

3月期末の配当や優待などの権利落ちについて

昨日3/25(金)に東京証券取引所から
平成23年3月期末の配当その他の権利落ちについて
というニュースが出た。

要は「震災の影響で株主総会開催が年度終了後3ヶ月以上に遅れても規定違反にはならない。
株主総会開催が遅れた場合は、配当金などの権利の基準日も事業年度末日から変更される。
3/29以降、変更された基準日までに売っちゃった場合は、配当などの権利は付与されない。」
と書いてあると思う。

これって、配当落ちだと思って3/29以降に売ったら、実は3/28は権利日じゃなかったって事もありえるのだね。
しかも、それが判るのは4月か5月か6月かもしれないわけだ。
これはまた強烈な後出しジャンケンで。

私みたいに基本持ちっぱなしな奴はそれほどの影響は無いが、
それでも配当落ち後に買おうとか計画を立ててるのもあるわけで、
なかなかに困る話だ。

ほとんどの個人投資家は、配当や優待の権利前に買って権利落ちで売るような
機動的(笑)な売買をしているはずで、その人達は際どい判断を強いられるのではないか。

しかも今日明日の週末を挟んで、明後日の3/28(月)が権利日。
この日程では、このニュースリリースも知らない人が大半ではなかろうか。
数ヵ月後に大混乱って可能性もあるような・・・

まぁ、株主総会を延期せざるを得ない会社って、そんなに多くはないと思うので
それほどの影響は無さそうな気もするけど。
普段だって権利落ち後に「配当は無配にしました」「優待は廃止しました」って
平気で発表する会社もあるわけで、そう考えると別に大した事ではないのかも。


スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 15:06 | Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする


2011年03月25日

大震災と為替に関するメモ

震災と為替(ドル円)の関係をメモしてみる。
これも参考に出来るのは阪神・淡路大震災。

震災が起きたのが1995年1月17日で、ドル円の当時の史上最高値79円75銭を付けたのが1995年4月19日。
その時の値動きだが、震災時が100円付近、その後しばらくは98円程度の小幅な円高だった。
が、2月中旬辺りから急激な上昇を開始。一気に4月の最高値へ、20円ほども上がった。
この80円割れは一瞬で、82〜88円の乱高下が続く。
7月から今度は急激な下落を開始。9月には震災前より円安の104円70銭(95年最安値)に戻る。
その後は順調に円安が続き1997年には127円48銭まで。そこから111円付近まで急騰。
その後は反転して134円付近まで円安も、124円付近まで急騰。
そして再び反転して1998年8月の147円64銭(震災後の最安値)へ・・・

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:06 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする


2011年03月19日

大震災と株価に関するメモ

震災と株価の関係をメモしてみる。
未曾有の大災害であるのだが、参考になるのは阪神・淡路大震災(1995年1月17日)しかない。

この時のTOPIXの動きは(カッコ内は対前月比)
1994年12月末1559.09
1995年01月13日1511.79
1995年01月末1463.84(-6.11%)
1995年02月末1348.39(-7.89%)2月26日 英ベアリングス銀行が破綻
1995年03月末1307.89(-3.00%)3月20日 地下鉄サリン事件発生
1995年04月末1331.82(+1.83%)4月19日 東京外国為替市場で1ドル79.75円
1995年05月末1254.11(-5.83%)
1995年06月末1196.99(-4.55%)6月15日 この年の最安値1181.68を付ける
1995年07月末1336.10(+11.62%)
1995年08月末1427.58(+6.85%)8月30日 兵庫銀行が経営破綻
1995年09月末1438.16(+0.73%)
1995年10月末1411.14(-1.88%)
1995年11月末1482.21(+5.04%)
1995年12月末1577.70(+6.44%)

95年1月13日から6月15日安値までで-330.11(-21.84%)。
安値から95年末までで+396.02(+33.51%)。
1995年は強烈なV字型で、しかも陽線だったわけだ。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 13:06 | Comment(10) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする


2011年03月11日

続・優待株に絡む人々

前回の記事に頂いたコメントで気が付いたのだが、書き方が悪かったようだ。
私としては、かなり総括的な歪みをテーマとして書いたつもりだったのだが、
「カモを撃ち落す」なんて表現では、瞬発的な手法として捉えられても仕方が無い。
どうもすみませんでしたm(__)m
せめて「笛吹き男に引き寄せられたネズミ」にしておけば良かったか(笑)
「レミングの集団自殺」ってのは誤解だそうだし。

私が株式投資を始めた2002年頃でも、優待を出してる企業はたくさんあった。
だから優待株を持ってる個人投資家も多くいた。
ただ、ほとんどの人は主投資に添えるスパイス的な扱いでしか無かったと思う。
今は個人の株式投資=優待投資みたいな雰囲気が充満してると感じる。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:26 | Comment(10) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする


2011年03月08日

優待株に絡む人々

個人投資家というと、とにかく優待株投資家が多い。
いまも盛大に増殖しているような気がする。
で、少数ではあるが、それに苦言を呈する投資家も見かける。
私としては、そのどちらにも違和感を感じる。

ほとんどの優待株は1単元が有利になってる。
保有株数が増えても優待金額は比例して増えない。
全株主に一律ってのも多いし。
大株主に比べて1単元株主が優遇されてるわけだ。
そこにはあきらかに歪みがある。

相場における歪みというと、真っ先に裁定取引が思い浮かぶ。
つまり、商船三井に比べて郵船が極端に割高なら郵船を売って商船三井を買う・・とか。
もっと広い意味での歪みとなると、暴落した時なども相当に歪んでる。
感情に任せて投げる人やルール上の縛りで売らざるを得ない人とかのおかげで
価値に比べて価格が暴落し、そこに歪みが発生する。
もちろんバブルの時は逆方向に歪んでる。

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:25 | Comment(12) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする


2011年03月04日

アジア・エクイティ・インカム・ファンド

「アジア・エクイティ・インカム・ファンド」も保有してる。
実験というか遊びというか、少額しか持ってないが。

正式名称:アジア・エクイティ・インカム・ファンド(毎月決算型)
設定・運用:ユナイテッド投信投資顧問
信託期間:2020年8月11日(2010年10月1日設定)
決算日:毎月11日

申込手数料率:4.20%(税抜4.0%)を上限として販売会社が定める率
信託報酬:純資産総額に対して年率1.8445%(税込、概算)
信託財産留保額:換金申込受付日の翌々営業日の基準価額に対して0.5%

続きを読む

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保有ファンド | 更新情報をチェックする


2011年03月01日

2011年2月末の資産状況

日本株式      元本3196万1785円、時価4125万0460円。年間予想配当金189万0676円。
外貨建てファンド 元本274万6230円、時価273万1985円。年間予想分配金31万0200円。
FX           元本1116万7176円、時価1060万6480円。年間予想スワップ134万3200円。
コモディティ     元本119万1780円、時価205万3206円。

合計         元本4706万6971円、時価5664万2131円。年間予想収入354万4076円。

これにキャッシュポジションを加えた数字で計算すると
日本株式の前月比が+2.32%。
資産全体の前月比が+2.90%。

ジャスダック指数が+1.72%、東証REIT指数が-0.72%なのを考えると、上げ過ぎ。
とにかく小型株が堅調で、それだけで100万円以上増えた。
多少REITが足を引っ張ったが、なんとか下げ止まったみたい。
FXも回復してきた。コモディティも過去最高水準。

収入は増えてるが、先月と同様にFXのナンピンでポジションが肥大してるせい。

昨年から考えてる、REITを減らして外貨建てファンドを増やす計画だが、
もうそろそろ実行したい。
円高になってくれないかなぁ・・・

スポンサード リンク

posted by 冬葉ツトム at 16:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする