2009年12月04日

日本電技

1723日本電技の今後10年間を配当中心に考えてみる。予想でも分析でもなく、占いとして。

ビル空調を手掛ける。売上げの半分ほどを空調メンテナンス(空調計装/既設)が占めている。
この部分はあまり景気の影響を受けない。およそ120億円ぐらいの売上げで、着実に利益になる。
いわゆるストック型ビジネスで、私が買ったのもここが気に入ったから。
会社説明でもメンテを重視してるようで喜ばしい。
残りの半分は新設工事や設備販売等で、ここは景気次第だ。とは言っても山武の特命受注も多く、
そう極端に悪化する事もなさそう。
因みに第3四半期まで赤字なのが普通。
利益を気にするより、受注と受注残(繰越工事高)に注意。
これからは環境(省エネ)関連として伸びていくのが会社の皮算用。
タワー投資顧問が09/12/19に4.58%保有してたが、今も持ってるかは不明。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 17:47 | Comment(0) | 保有銘柄 | 更新情報をチェックする


2009年12月03日

バリュー投資と配当株投資

バリュー投資と配当株投資。両者はかなり似ている。
割安株の選択ポイントは「利益に対して株価が安い(収益バリュー)」と
「資産に対して株価が安い(資産バリュー)」だと思う。
資産バリューというのは資産に対して負債が少ないので、配当を払える体力がある。
(ただ、土地等の価値をどの程度に見積もるかが違ってる)
収益バリューというのは株価に比べて利益が大きいので、そのまま配当として出す事が可能。
(ただ、可能だというだけで実際には配当性向次第)
つまり、バリュー投資に「資産の見積もり具合」と「配当性向」を加味して考えれば、
それで配当株投資とそっくりになる。

続きを読む


posted by 冬葉ツトム at 17:20 | Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする


2009年12月01日

2009年11月末の資産状況

日本株式     元本3298万4685円、時価3241万8330円。年間予想配当金200万4604円。
外貨建てファンド 元本73万1840円、時価73万6720円。年間予想分配金8万5200円。
FX       元本1133万2343円、時価949万6593円。年間予想スワップ103万3972円。
ゴールド     元本89万8800円、時価149万9514円。

合計       元本4594万7668円、時価4415万1157円。年間予想収入312万3776円。

(FXの数字は月末夜の相場変動中のもので、引け値ではない)


posted by 冬葉ツトム at 19:56 | Comment(0) | 資産状況 | 更新情報をチェックする

Copyright(C) 2009-2020 配当金生活 all rights reserved.